連日の快晴!またカメラを持って出かけます。
早朝からカメラを持って散歩する姿、ちょっと怪しいですか?
でも、花の命は短く、お天気は不安定です。
農大通り付近の城山通り沿いの緑道は、毎日のお散歩コースです。


【谷空木 (たにうつぎ)】
山の「谷間」に多く生え、茎の中が空洞の木であるところから「谷空木」というそうです。
【空木 (うつぎ)】
茎や根の中心にある部分)が空洞になっているので、「空ろ木(うつろぎ)」が変化して 「空木」になったそうです。
別名は、見た目が雪のようなので、「雪見草」(ゆきみぐさ)。
また、卯月(旧暦4月)に咲くことから「卯の花」(うのはな)と呼ばれているそうです。

 
【丸葉車輪梅 (まるばしゃりんばい)】
薔薇(ばら)科で、葉が少しとんがっているのは「車輪梅(しゃりんばい)」。 
で、こちらは、丸いので、 「丸葉車輪梅 (まるばしゃりんばい)」
奄美大島では、この樹皮を大島紬(おおしまつむぎ)の染料として使うんだそうです。
【藤 (ふじ)】
棚が似合う日本らしい風情のある花ですね〜。


【金雀枝 (えにしだ)】
英語では「Broom(ほうき)」。
魔女がまたがって飛ぶほうきはこの金雀枝のことであるらしいのですが、ハリーポッターのホグワーツ校では、どうだったんでしょう?
右の花、初めて見ました。個性的です。なんというお花でしょう?


わが町、経堂。
スポーツ施設レストランが出来、街が変化しています。 
緑地化も環境に優しく、美しい仕上がりです。


二回目のお散歩。
烏山川緑道。石仏公園から希望が丘公園を目指します。

【エゴノキ】
実の皮は”エグイ(ひどい)”味がすることからこの名になったらしい
のですが、可憐な姿をしています。
【銭葵 (ぜにあおい)】
丸い花が江戸時代のお金「一文銭」ぐらいの大きさだったことから「銭」。
「葵」は、「立葵」の葉に似ていることから、その名がついているといわれています。       


【擬宝珠 (ぎぼうし)】
橋の欄干の上にある、玉ねぎをさかさまにしたような装飾物の「擬宝珠」が、この花のつぼみが似ていることからこの名になったそうです。 



恵泉女学校の脇を抜けて、すずらん商店街を通り家路へ。
烏山川緑道の3分の1も制覇していませんが、たっぷり1時間半、新緑と花を愛でた犬とのお散歩でした。
ふぅ〜!

気持ちのいい朝でした。
最近、朝の犬散歩は5時半には起床し、すぐ出発しています。

普段はカメラなんて持って出かけることはないのですが、青空に刺激され、華やいでいる緑道の花たちを写真に収めたくなりました。
今朝のコースは、わが町経堂から豪徳寺までのユリの木通り
ユリノキが並木の緑道で、世田谷でも美しい通りに選ばれている、散歩道です。

まずは、そこまで数歩のところで、満開の【なんじゃもんじゃの木】に出会います。
去年、同じ時期、この不思議な木の記事をブログにアップしました。
詳しくはこちらから…。


写真に撮るとなんと鮮やかな色になるんでしょう。
【躑躅】 は、この色がもっともポピュラーですね。
この花が咲くと、ようやく薄着になれる季節になると意識します。
お節句のお花、【菖蒲】。
こんな色もあるんですね〜。


ひなげし。
毎年、この時期になると、わんさか咲いています。
風で種が舞うようです。
【長実雛罌粟(ながみひなげし)】 という種類のもの。
ひなげしってこんな漢字なんですね〜。
【松の花】?


【かなめもち】 という庭木です。
春の新葉は赤く、葉が成熟するにしたがって緑色となるからなのか?生垣にするお宅が多く見られます。
【アケビ】 の花です。
実の姿は有名ですが、お花、魅力的です。

20100430111253.jpg
ゴールデンオレンジをご存知ですか?
ワタシは人に教えていただくまで知りませんでした。
その方も、箱根や湯河原でその存在を知ったのだそうです。
市場でも見かけることがなかったとか。

それが今年、小田急系のスーパー、OXにコレが並んでいたので、購入したと。
ワタシも早速、近所のOXに走りました。

ありました。
不揃いさが、なんだか美味しいをアピールしているように感じました。
名書きには、レモンスカッシュのような爽やかさとあります。
初夏の薫りのする、すっきりとした柑橘類のナチュラルな甘さのフルーツです。

今限定の貴重品。
あのあたりでしか収穫できないのでしょうか?


以前作ったたんかんの砂糖菓子を入れた、シフォンケーキを作りました。
レモン水との相性が良く、爽やかでしゅわっとした食感。
刻んだ姿もかわいいシフォンになりました。



 材料は17cmの型に対して
【卵黄生地】
グラニュー糖…30g
卵黄…………4個分
べに花油……大さじ3
レモン汁……大さじ1
水……………レモン汁と足して50ml.
薄力粉………80g
【メレンゲ】
卵白…………4個分
グラニュー糖…40g

たんかんの砂糖菓子…50g
※底に沈んでしまわないように、細かく刻んでおきます。

作り方
1.まず、オーブンを170℃に温めます。
2.ボウルに卵黄、砂糖を入れ擦り混ぜます。
3.紅花油を入れて擦り混ぜます。
4.レモン水を入れて擦り混ぜます。
5.薄力粉をふるいながらしっかりと混ぜます。
6.この間に私はキッチンエイド  で卵白をあわ立て砂糖を加え、しっかりとしたメレンゲを作っておきます。
7.5の卵黄生地に6のメレンゲ生地を1/3量入れ、泡だて器でしっかりと混ぜます。
8.6のボウルに7の生地を入れゴムベラで泡を壊さないように手早くすくいあげるようになじませます。刻んだたんかんを加え、さっくりと混ぜ合わせます。
9.型に流し込み平らにならし、台に一回トンと落とし気泡を抜きます。さらに竹串を入れて3〜4周回し空気を抜きます(これをきちんとやっておくと気泡の少ないシフォンになります)
10.温めたオーブンで30〜35分焼きます。
11.焼きあがったら、型を背の高いびんにかぶせて冷まします。
12.しっかりと冷まして、型にそうようにナイフを入れはずします。


ワタシ、この近くで仕事でした。
夫、車でウチのコ達乗せて、やってきました。
ワタシ、井の頭公園駅でおりました。
公園まで、一分。
合流します。

何時だってここは、賑わっています。
大道芸、マーケット、児童公園で遊ぶ子供たち。
ボートを漕ぐ恋人たち。お弁当持参の家族たち。
吉祥寺から、お買い物がてらに来ていらっしゃる方たちも大勢います。

 

三鷹市が運営する、ジブリ美術館まで、行ってみました。
勿論、犬はご法度。
ちなみに午後、3時。
ローソン発売のチケットは、完売だったそうです。



お隣の公園は雄大。
忍者と遊ぶ子供たち。
レジャーシートを敷いて、お弁当を楽しむ家族たち。
新緑も美しく、広大な公園、満喫いたしました。



テレビ”世界一受けたい授業”で 「シナモン」に毛細血管を守る成分が入っていると紹介されていました。

血管は加齢に伴い血管の外側の細胞がはがれ、毛細血管は40代以降から徐々に減少して血流の流れが悪くなり、肌や寿命に影響するんだそうです。
シナモンに含まれる桂皮エキスには血管の内側と外側をつなぐTie2という分子を活性化させる血管拡張作用があり、桂皮の摂取で血液の漏れを90%抑制できるといいます。

○お肌を傷める…シミ、シワ、たるみ、むくみ、冷え性、抜け毛など
○寿命を縮める…骨粗しょう症、腎障害、アルツハイマー病などに効果があるというなら試してみる価値はあるかな?

そう思って2件のスーパーに走りました。
同じようにテレビを見て、試そうとなさる方、多いのですね。
ギリギリセーフ。最後の一本買い求めました。


こういう番組を見て、商品の仕入れを考えたり、紹介したら、スーパーの売り上げ、アップするのではないか?いつもそう思います。
美肌、老化防止、ダイエットは、お試し度の高い三大アイテムです。

毎日0.6gのシナモンの摂取が好ましいそうです。

朝は蜂蜜にシナモンをふりかけたシナモントースト。
夜はミルクティーに入れていただきます。

果たして、美肌、老化抑制、に効果がでますでしょうか?


お天気はいいし、今日はどこにうちのコ達を連れて行こうか?
そんな会話で休日の朝は始まります。
私たちも、わんわん達のおかげで、季節の移り変わりを感じ、リフレッシュできることを最近感じていて、休日の犬散歩を楽しんでいます。

「そ〜いえば、等々力渓谷って行ったことないな〜」昨晩、ベッドの上で広げていた世田谷の地図を見てそう思っていました。
そこで、ワタシがだんな様に提案。
早速、パソコンを開いて検索し、住所をナビに入れて出発です。

行動、早いんです。
このところ、サマーTimeにお散歩時間が切り替わり、5時半に一回目は出かけています。
到着は、9時半くらいだったでしょうか?
まだ、薄ら寒い感じでした。

等々力駅のすぐのタイムパーキングに車を停めます。
等々力渓谷公園到着です。駅から徒歩3分ほど。
有名なお豆腐屋さんの脇を入っていくと、すぐに入り口のゴルフ橋があります。
「おお〜!かなりの傾斜です」
我が家の甘夏(ラブラドール)、大喜びで、ウチのだんな様、危険です!


階段を降りて行くと、ボードウォークの道ですが、我が家のチビ(ミニチュアダックス)は、木と木の継ぎ目を怖がってジャンプすることができません。
でも、楽し〜い!
懸命に走って前を行く甘夏に追いつこうとします。おかげでドロだらけ。


本当に渓谷でした。
東京にこんなところがあるんですね。
お水もきれい。
湧き水もあります。
サンクチュアリです。


稚児大師様。

武蔵野の代表的なケヤキ、コナラ、ミズキに混じって、こんな美しい植生が川のせせらぎと野鳥たちと共存しています。
美しい…。


不動の滝。
時々、修行僧が滝に打たれ邪念を取り去って修行している姿が見られるそうです。

 
お茶室かと思い興味津々で近づきましたが、日本庭園の中の書院でした。
軒先に、ここのミカン畑で獲れたという各種のみかん。
「どうぞ」 と言われ、いただいてきました。
「すっぱいよ」 とのことでしたが、本当にすっぱかった。手を加えない昔の味でした。

 
日本庭園の梅、ピンク色で可愛い。
この後、青く大きくなります。


せっかく来たので、急な坂を駆け上がり、等々力不動尊をお参りします。
とっても立派。風情もありました。
このあたり、桜も綺麗なようです。


やはりせっかく来たので、高級住宅街ウォッチングしながら、野毛大塚古墳、多摩川野毛町公園も寄っていきました。

このあたりの等々力という地名は渓谷内の不動の滝の音が響き渡り「轟いた」との言い伝えがあるそうですが、その名がついた渓谷公園は、東京であることを忘れるくらいの四季を愛でる事の出来る風致公園でした。
たっぷりとお散歩を楽しめました。


2009年の秋頃だったでしょうか?
シニヨン用のヘアーものを”ランキングクイーン”に見に行ったら、ソフト飲料の棚が生姜もので埋め尽くされていました。
それより以前に、生姜のチューブを持ち歩く【ジンジャラー】なるヤカラがいるということは耳していましたが、それほどまでにブレイクしているとは、びっくりでした。

で、ドリンクものも上のシロップのようなものが、たくさん作られているんだそうです。

風邪をひいていた時、知り合いが、これではなかったのですが、ジンジャーシロップをご馳走してくださいました。
頂いた時のファーストインプレッション。
からだポカポカでした。
コレで代謝を活発にして、ダイエット効果をあげる…。
う〜ん、うなずけました。
カラダが冷えている冬は勿論、夏の冷房対策にも良さそうです。

その時に、【コンフィチュール・ド・プロヴァンス】 の存在を教えていただきました。
そーいえば、綺麗なポーションパッケージのものは、どこかで出会っているような気がします。
店では、たくさんの種類のジンジャーシロップがあって、ルックスだけでもそそられるとの情報をさらにいただきました。

生姜は、漢方薬としても使用されていますし、発汗作用、解熱作用、健胃作用、鎮痛作用、免疫力増進があるとされているのでその効果には期待できそうです。
昔から、香味野菜(ねぎ、にんにく、しょうが)は、カラダに良いと刷り込まれているので、手軽に飲料ものとして摂れるのは、エエことです。

【コンフィチュール・ド・プロヴァンス】 の”コンフィチュール”とは、フランス式のジャムのことですが、
いくつかのフルーツやスパイスをブレンドしたものがこちらの売りなんだそうです。

その後、また、この方から、【コンフィチュール・ド・プロヴァンス】 のある銀座に行ったからと、上のシロップをプレゼントされました。
ワタシはこういう方々に恩恵をいただいて生きています。ありがたい…。

黒糖、ブルーベリー、赤ワイン、ピーチとある中から選んでと言われて、ピーチをいただきました。
季節限定品だそうです。
口当たりが優しく、飲み心地もまろやか。
ワタシは、お湯で割っていただきましたが、使い方はアイスクリームにかけたりと色々あるようです。

ピーチは、まったりとしてとてもいただきやすかったです。
しかしながら、このシロップは、今まであじわったことのないスパイシーでハーバルな未知との遭遇でもあります。
けれど、ソレがちょいとクセになる感じもします。
にわか、ジンジャラーになりそうです。

 
二日間限定のお弁当作り。
今回は量を控えめに、大好きだという玉子焼きも入れました。

でもやっぱり、ママでない私が作るお弁当の評価は、悪かったようです。
残念。
頑張ったのにな…。

四角に型で抜いた白飯は、海苔をパンチで抜いてサイコロに見立てました。
おかずは、子供が大好きなはずの唐揚げを、隠し味に蜂蜜を入れて揚げました。
赤いソーセージは蛸さんにして茹でました。
シーフードをホワイトソースとチーズをかけてオーブンで焼きました。

デザートには、生パイナップル。

気に入ってはもらえなかったけれど、お弁当作りは楽しかったです。

去年から、公園に犬散歩に出かける時にお弁当持参なんてことをやっていますが、これから、とってもいい季節です。
新緑の木の下でいただくおにぎりは、空の青さと、初夏の香りがご馳走なんですよね〜。

 
ひょんなことから知り合いにお弁当作りを頼まれました。

ウチの甥の子供たちの食べっぷりからするとこのくらいは食べてくれるだろうと思って作りましたが、量がかなり多いし、野菜ばかりと不評でした。

ネットで、お弁当を検索し、色々見て参考にしました。
塾へ通うお子さんのために1日三回も作っている方もいれば、今流行りのキャラ弁等、色々ありましたが、皆さん本当に頑張っていらっしゃる。

子供の頃の記憶は曖昧ですが、ウチの母もお弁当をよく持たせてくれましたっけ。
運動会の時はスペシャルで、桜でんぶの入った太巻きが大好きでした。

お弁当箱を開けた時の笑顔を想像して、彩り豊かに考えました。

ご飯は、青菜のふりかけを混ぜたもの。
ゆで卵の黄味を混ぜたもの。
赤いかりかり梅のみじん切りを混ぜたものにしました。
ボール型を使って形成し、お弁当箱に合わせて平らにしました。

メインは豚肉の薄切りに粒マスタードを塗り、小麦粉をまぶして焼いたものですが、スライスチーズを一緒に食べれるようにはさみました。
えのき茸はバターとたらこで炒めました。
青菜はにんにくで炒め、塩で調味しました。
ポテトの揚げたもの。
お弁当の定番、緑色は、オクラを茹でて、切り込みを入れてマヨネーズを入れました。
そしてプチトマトの赤色を添えました。

ちょっと大人向きだったのかな〜。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM