女神湖のある信州、白樺高原。
以前、私的に、このあたりのイメージがあまりよくありませんでした。

最初に訪れたのが白樺湖周辺の白樺リゾートだったからかもしれません。
池の平温泉があるこのあたりは、高原としては不釣合いな子供向けのリゾート地化していました。

二度目に訪れた時、女神湖の散策をしました。
蓼科山の山容を湖面に映し出す女神湖は、緑豊かで、植物の生態を感じながら、散歩が楽しめます。
日本百名山にも選ばれた富士山型の美しい蓼科山は、女の神山と称され、八ヶ岳とは別の存在感で高原の象徴として、地元の人たちに愛されている山です。
女神湖からは、連なる山々とは違ったその蓼科山をとても近くに感じます。

今回行った、【御泉水(ごせんすい)自然園】は女神湖の手前にある蓼科牧場からゴンドラリフトに乗った山頂にあります。
入園料をお支払いして入る自然園なのですが、犬との入園がOKという情報を得、行ってみることにしました。
牧場の側道である蓼科スカイラインを車で上がっていきます。
蓼科山の中腹、標高は1830mです。(蓼科山の標高は、2350m)

入園料をお支払いしたビジターセンターで、犬の散歩に適したコースをお聞きします。
スカイラインをはさんで両側に散策のコースがあって、蓼仙の滝のある御泉水の森は、急な坂道や階段があって、犬や同伴の80歳の母には無理があるので、伏水による湿原、高山植物園を中心に歩くことにしました。
原生林に続く桟橋の散歩道は、樹木を観察できる高さに設置され、自然と一体化したような気分にさせてくれます。


御泉水の水路です。
水辺の緑、輝いています。


カラマツ。
幻想的な風景でした。


ゴンドラリフトが到着する山頂駅です。
わんちゃん連れで降りてくる方もいたので、どうやら、蓼科牧場あたりに車を停めて、ゴンドラで来るのも可能なようです。

 
山頂からの女神湖。
薄曇りでしたが、雄大な北アルプスをバックに、ハイジになったような気分でした。
 

犬が水遊びしても叱られません。
ここは犬にとって寛大です。


険しいと言われた、森の方へちょっぴり行ってみました。
母には、やはり、気の毒しちゃったかな?
天然のカラマツ樹林、ワイルドです。


自生する高山植物。
薄紫色で、ホタルブクロを小さくしたようなお花。花形はすずらんのようで、”オサハ・ク・サ”という花かもしれません。
こんな鮮やかな”われもこう”を見たのは初めてです。
 
涼しい夏の山歩き。
愛犬と楽しめるなんて、嬉しいかぎりです。


 この【無藝荘(むげいそう)】の裏にある、蓼科温泉は、信州に来た時の我が家のお風呂。
もう10年にもなるのに、ココを拝見するチャンスがめぐってきませんでした。
ある時は冬。
そして、夏なども、温泉につかりに来る時間には、閉館になっていました。

今回は、その願いを叶えようと、蓼科観光協会に電話をかけ、開館時間を聞いてから行くことにしました。
ところが、こちらではわからないので、担当者に連絡してくれといいます。
電話番号は携帯のものでした。
で、やはり、あやふや。閉館時間は、日によって違うというのです。
うかがって、わかりました。
囲炉裏に火を熾し、こちらをのんびりと管理される方が、どうやら地元の方のようです。
お客様の入り具合や、その方のご用事次第といったところなのでしょうか?
しかし、基本的に、開館は、AM10:00~PM4:00ということのようです。

さて、ココ【無藝荘(むげいそう)】は、「東京物語」「秋刀魚の味」など、数々の作品を生み出された小津安二郎監督が仕事場として、また、東京から訪れる映画関係者などの接待の場所として使われた山荘です。

昭和初期に製糸業で名高い片倉家が地元の旧家を移築して別荘としたところを、借りていたのだといいます。
小津安二郎氏は、コンビを組んで多くの名作を生み出したシナリオライター野田高梧氏が所有していた「雲呼荘」を訪れ、蓼科高原の自然、人情、旨い酒が気に入り、茅ヶ崎から、この地に仕事場を移したのだそうです。
亡くなるまでの7作品のシナリオが完成されたのはこの地であったというのですから、ここでの生活を愉しみ、気に入っていたようです。

そんなゆかりの土地であることを、蓼科高原の人々は誇りに思っているのでしょう。
毎年11月には、小津安二郎記念の映画祭が開催されています。

懐かしい生活様式が、たくさんみることが出来ます。
五右衛門風呂、本物を見るのは初めてでした。
右の写真。巨大な洗面所?洗濯場??

 
囲炉裏から出た煤がそのままの灯り。
ノスタルジックです。
右の写真、奥が玄関。廊下です。

 

今では、貴重な柄入りガラスの建具。
竈や、薬缶。

 

食器棚。
当時のまま、客をもてなした時の徳利?

 
薪が積み上げられた場所は、玄関の横。土間です。

 
小津監督の愛した、囲炉裏。
畳の部屋が2部屋。
こちらでは、小津作品の映像が流されています。

 
換気窓。
右写真の棒を引き、開け具合を調節するということです。

  側面、お庭もきれいです。

蓼科観光協会          0266−67−2222
企画責任者(柳沢徳一さん) 090−4678−6528


 先日、南船橋のヴィヴィッドスクエアへ行った時、初めて【陳建一麻婆豆腐店】へ行きました。

とっても昔になりますが、陳さんが料理の鉄人だった頃、赤坂にある四川飯店に行ったことがあります。
その頃、四川の麻婆豆腐がいかなるものか知らなかった私は、異常なくらい胸ときめかせ、その未知なる味にミラクルを期待して行きました。

それは、陳建一さんのお父様、伝説の陳建民さんが創作した、痺れのある味でした。
その頃から、私はこの痺れがない麻婆はマーボーではないくらいこの味の虜になりました。
その痺れ、山椒でした。
鰻には香りのサンショウですが、痺れは、花ザンショウ。
これが入るだけで俄然、本格的な感じがします。

【陳健一麻婆豆腐店】のマーボー定食は、ご飯、スープ、ザーサイに3段階の辛さから選べる麻婆豆腐がついています。
大辛と言ったら、店員さんが、私の顔を見て「無理無理…」ちゅ〜お顔をなさったので中辛を選びました。
中辛でヨカッタ。けっこうな辛さでした。

四川飯店もですが、ここも今一よわい。
とろみがつき過ぎているのも、なんだかな〜でした。

そこで、色々作ってみて、もっとも気に入ったレシピ、紹介したいと思います。

【材料】4人分
豆腐………2丁(私は絹を使います)
豚挽き肉…150g
ねぎ………1/2本
しょうが……1片
にんにく……1片
花椒………小さじ1/2
豆板醤……小さじ1〜2

A調味料
甜麺醤……………大さじ2
しょうゆ……………大さじ3
オイスターソース…小さじ1
酒…………………大さじ1
水…………………1カップ

片栗粉……小さじ2
水…………大さじ2

油…………適宜

【作り方】
1.豆腐はざるにあげて軽く水気を切り1,5cm角に切る。
2.ねぎ、しょうが、にんにくはみじん切りにする。
3.Aを合わせておく。
4.中華なべを中火で熱し、油大さじ1を入れ、2を香りが出るまで炒める。
5.豆板醤と花椒を加えてさっと炒める。
6.豚ひき肉を入れてパラパラになるまで炒める。
7.3の合わせ調味料と加え、豆腐を入れ、沸騰してから弱火で5分煮る。
8.片栗粉を水で溶き、回し入れる。
9.手早く、豆腐をくずさないように木べらうぃ手前から向こうに動かし、同時に中華なべをゆする。
仕上げにねぎのみじん切りを添えてもよしデス。

大人のお味です。
木綿豆腐でもOkです。
お好みで…。
お試しくださいませ。


 まいった!今年の暑さ。
地下に貯水タンクをもつ、都会のサンクチュアリ&オアシス。
”クールアイランド・代々木公園” まで暑かった!!

連日の猛暑、朝一番の散歩、朝食の後8時。
代々木公園なら涼しかろう〜と思って行きましたが、ダメでした。

今年はわんちゃんにも、相当ツラい夏です。
 

百日紅(さるすべり)は花盛り。
富士紫色なんていうのもあるんですね。
ほとんど見かけるのはピンクですけれど…。

 
スカイツリーを高速から眺め、船橋競馬場近くにあるヴィヴィッドスクエア内にあるディスカウントストアMr.Maxに行きました。
8月5日木曜日オープン。
昨日は、チラシの目玉目当てに1000人以上が列を作り、入場制限まであったそうです。

特にお目当てはないけれど、やっぱりお安いのはだ〜い好きっていうわけで、2,600坪の巨大な売り場、堪能しちゃいました。

家電、家庭、台所用品、カー用品、食品、スポーツ用品、衣料品、日用品、文具、薬、ペットとほとんどのものが並んでいます。
 しかも【コストコ】みたいに大量買いしないで済むところがいいですし、
家電などは、大型量販店よりも安いのでは…という感じです。
日用品は驚きの安さです。こういうものが普通に一個から安価で買えるのが、この不況には本当に助かります。

ブランドものも安価なのが嬉しいですし、キャスキッドソンや、ディーン&デルーカの布バッグ、ジョゼフジョゼフのまな板など、楽しいものが盛りだくさん。

ちなみに我が家は、水切りかご500円、ミニチュアダックス用お洋服498円、フォールディングシェード5000円、ティファールの電気ポット5980円、などなど、カートにわんさか乗せて、たっくさん買いました。

な〜んだかとっても得した気分。
そして楽しかったぁ〜!


 暑気払いの贈り物に選んだ一品。
何気に楽天で品を選んでいる時に、誘われるように決めた品。
相手は喜んでくれるかな?

ずいぶんと人気らしい。
ミーハーなので興味が湧いた。
テレビやラジオでも取り上げられて、楽天の洋菓子部門でも序々に順位を上げている。
チーズケーキランキングでは、堂々の一位を獲得したとか!

ブラックココアと濃厚ベークドレアチーズケーキのコラボだという。
直径14cmだから、かなり小さい。
安くはない…。
贈った相手の気持ちになってみると、いささか満足感が劣るような気もする。

この大きさで好評なら
一度食べてみる価値はあるのかな?

★まっ黒チーズケーキ★


  7月22日、カシス(くろすぐり)のシフォンをレモン果汁を加えて作って、ブログで紹介いたしましたが、同じシリーズのチェリーのコンポートに、今度は牛乳を加えてシフォンを作ってみました。

果肉が少し大きかったので、焼き縮みや、気泡防止のために
チェリーのコンポートと牛乳は、
あらかじめミルサーにかけました。

出来上がり、少しいびつです。ご勘弁ください。
型から上手に抜く方法を、ブログで紹介しておきながら、焼いて冷ますの時間がやや短かったように思います。

材料
【卵黄生地】
卵黄………4個分
三温糖……30g(お砂糖ならなんでもok)
紅花油……大さじ3(油なら何でもok)
薄力粉……80g
チェリー……大さじ3
牛乳………50cc強
●チェリーと牛乳をミルサーにかけ、100ccにします。

 

【メレンゲ】
卵白4個分
三温糖…40g(お砂糖ならなんでもok)

作り方
まず、材料を用意します。

この時、泡だて器やゴムベラ、もちろん型も用意しておくと、いい状態で、生地を仕上げることができます。
ピンと角の立ったメレンゲを作るために、卵だけは、砂糖や粉を計量した一番あとに冷蔵庫から出します。
卵黄、卵白に分けます。
からざを取り除きます。
卵を分けたら、すぐにキッチンエイド を回して卵白を泡立てます。目盛りは中くらいの速度にしておき、卵黄の生地の方が出来たら、様子を見て砂糖を加え、砂糖が混ざったら、最大の速度にし、角の立ったメレンゲに仕上げます。

1.オーブンを170℃に温めます。
2.ボウルに卵黄、砂糖を入れ擦り混ぜます。
3.紅花油を入れて、擦り混ぜます。
4.チェリーと牛乳をミルサーにかけ、100ccにしたものを入れて擦り混ぜます。
5.4のボウルに薄力粉をふるいながら2回に分け混ぜあわせます。
6.キッチンエイド以外でしたら、直前まで冷蔵庫に入れておいた卵白を泡だて器(又はハンドミキサー)で泡立て、砂糖を加え、角の立ったメレンゲを作ります。
7.5の卵黄生地に5のメレンゲ生地を1/3量入れ、泡だて器でしっかりと混ぜます。
8.6のメレンゲ生地の残りを2回に分けて入れ、今度はゴムベラで、泡を壊さないように手早くすくいあげるようになじませます。
9.型に流し込み平らにならし、台に一回トンと落とし気泡を抜きます。さらに竹串を入れて3〜4周回して空気を抜きます。
10.温めたオーブンで30〜35分焼きます。
11.焼きあがったら、型を背の高いびんにかぶせて冷まします。
12.しっかりと冷まして、型に沿うようにナイフを入れはずします。


ミルサーは本当に便利です。
私はこれで、愛犬の療法食を作っていましたが、その後、すりごま、スープ作りなど手軽に愛用しています。
大きさがお手軽で、以前購入したバーミックスや、
ブレンダーなどは、冬眠中ですが、
こちらは、かなりの使用頻度です。

 
これは、使えそう。そう思ってやっぱり購入しました。
7月14日にお気に入りとして紹介したハンディモップのシリーズものです。

7月中に購入したのですが、毎日使って、その効果、確かめていました。
マイクロファイバーなので、すべりが若干悪く、クセをとらえるまでしばらく時間がかかりました。
通常、この形のものは、横長で使用しますが、使ってみて縦長に押したり引いたりするのがいいことがわかりました。

我が家、キッチンがタイルでしかも白。
調理後、汚れが気になります。
以前は、雑巾をはさんで使用するタイプのモップを使っていましたが、ヴィジュアルがいまいち。
置きっぱなしの姿が、可愛くありませんでした。

これは、見た目がカワイイ。
 
   組み立ては簡単! 
装着はベルクロなのでしっかりしています。 


こんな風に、いつでも使えるようにしています。

二週間使って、洗濯しました。
驚きの汚れ…。
洗濯石鹸でごしごし…。快感でした。

   ピンク
 
他にグリーン、水色、オレンジ、ベージュ、
写真にないブラウンがあります。

 
 またまた週末、信州に行きました。

今回は、地元の方たちが遊ぶ総合公園で、犬との散歩を楽しみました。

以前来たことがあるのですが、野外レクリエーションゾーンへ足を踏み入れるのは初めて。
アップダウンがあり、自然林が広がる森の散策道です。
【永明寺山公園】、以前はゴルフ場だったような気配がします。
これはあくまで想像で、実のところはわかりませんが、打ち下ろしの風情のある場所や、カート道のような側道。
コースを渡る橋。
茶店風の休憩所。

しかし、公園内は3つのゾーンに分かれていて、老若男女が楽しめるような作りの公園です。

茅野の駅を背にビーナスラインを走り、御座石神社を超え、左に道なりへ。
しばらく行くと案内がありますが、見落としてしまいそうな看板なので要注意です。
その案内を左折、山を登っていきます。

標高が1,120メートルもあるのでセンターゾーンの展望台からは、素晴らしい眺望が望めます。

 
富士山も見えるという展望台。
長さ70メートルの滑り台があります。
バーベキュー広場は、園内に2ヵ所。サイコーの景色が目の前に広がります。

 
森の散歩道。
かなり険しいです。

あとで知りましたが、マムシに注意だそうです。
 
 
アスレチックの広場があります。
休憩所は、茶店風。
板張りで、ほっこりします。

 
桜の森。
ここでもバーベキューができるようです。
お弁当を広げてもよしです。

右は最大勾配が30度というなが〜い滑り台。

 
たくさんの緑に囲まれた憩いの広場。
公園でありながら、自然を満喫。
森林浴にもなって、本当に気持ちが良かったです。

あじさい、今見ることができます。


 信州へ行った時、パン用の米粉を見つけました。
最近はこの米粉を使ったパンをホームベーカリーで作れるそうですが、
ウチの旧式のパン焼き器では、失敗でした。
味は悪くありませんでしたが、通常の小麦パンの半分の膨らみの山形になりました。
その後、280g中の50gを米粉にして、通常の山形パンができました。

さて、シフォンケーキはどうでしょう。
粉の全てを米粉にしました。
大丈夫、変わりない姿です。

作り方や材料はいつもの通りです。
材料は17cmの型に対して
【卵黄生地】
米粉80g
三温糖30g
卵黄4個分
べに花油大さじ3
【ミルクティー】
御好みのティーバック1つ
(この日はバナナフレーバーのものを使いました)
牛乳50mlより少し多め
【メレンゲ】
卵白4個分
三温糖40g

まず、小鍋に牛乳を沸かしティーバックを入れ、ミルクティーを作ります。
電子レンジでもOKです。
出来上がりが50mlになるようにします。
これを少し冷まして使います。

1.まず、オーブンを170℃に温めます。
2.ボウルに卵黄、砂糖を入れ擦り混ぜます。
3.紅花油を入れて擦り混ぜます。
4.ミルクティーを入れて擦り混ぜます。
5.米粉をふるいながらしっかりと混ぜます。
6.この間にキッチンエイド
で卵白をあわ立て砂糖を加え、しっかりとしたメレンゲを作っておきます。
7.5の卵黄生地に6のメレンゲ生地を1/3量入れ、泡だて器でしっかりと混ぜます。
8.6のボウルに7の生地を入れゴムベラで泡を壊さないように手早くすくいあげるようになじませます
9.型に流し込み平らにならし、台に一回トンと落とし気泡を抜きます(これをきちんとやらないとボコボコのケーキになってしまいます)
10.温めたオーブンで30分焼きます。
11.焼きあがったら、型を背の高いびんにかぶせて冷まします。
12.しっかりと冷まして、型にそうようにナイフを入れはずします。

 
小麦とは違った食感で、なかなかヨロシイお味にできました。

こちらが信州産米粉。
高山製粉は諏訪では、大手なのか?
諏訪湖の近くで、蕎麦打ち道場も経営しているようです。
興味あります。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM