和菓子好きを自負していらっしゃる「今でしょ」の林修さんがテレビでおすすめしているのを見て、ついでの時にと思っていました。
その、ついでがあったので、早速いただいてみました。
あら、美味しい!餡を練り込んだわらび餅。弾力があるのに柔らかくて上品な甘さ。これは人気のはずです。

販売はこんなようすです。
成城マダムにはウケます。
240円なり。

このような丁寧な和のあしらいもいいですよね。
ここの母体、成城凮月堂も成城アルプスも我が街経堂ではないワンランク上の暮らしぶりがこのようなお店を育てているような気がしています。

林修ニッポンのドリルの記事


日毎距離感を縮めていった我が家のわんちゃんとラウちゃんですが、最終日の夕方、突然に茶豆と遊び始めました。

リビングを走り回る2頭、10分くらい楽しそうにしてましたっけ。

甘夏も来た翌日からはうーと言わなくなりましたね。
残念ながらお泊まりは、今日までです。うちのコ達も学びがあって、私も気づきがあり、大変でしたけど楽しかったですね。
残念だったのは、毎朝の散歩の2回が雨で抱っこになってしまったこと。
もっと、たくさんお散歩してあげたかったな。


今日は連休唯一旦那様がお休みだったので、近場ですが世田谷公園へ連れて行きました。今回、このラウちゃんにとって様々なことが初めてものがたり。

たくさんのわんちゃんとごあいさつするのもはじめてじゃあないかしら?

おやつタイムは満面の笑み。

しっかりたっぷり遊んでお疲れで超リラックス。大物なのか?まだ幼いからなのか?


お預かりのラウちゃん、トイレトレーニングがまだ出来ていないものですから、我が家のリビングは、どこでもトイレになりました。久しぶりの対処は懐かしくもあり大変でした!しかし、当犬はいたって順応性が高く、犬みしりもありません。女の子ゆえ、うちの旦那様にもすぐに慣れどちらかというとなついていました。

初日、威嚇してリーダーぶりを主張していた甘夏もこの通り。家族意識が芽生えてきたような。


知り合いのわんちゃんを預かることになりました。用意したゲージを飛び越えるという予想外の出来事や三頭で散歩に出掛けた間吠えっぱなしと、てんやわんやの幕開けでしたが、意外にも年少 茶豆が、6ヶ月のラウルちゃんをいい意味で気にして仲良くなりました。

お預かり4泊5日。どうなりますか?


少し上のお点前をさせていただけるようになりましたから、今日は恐れ多いのですが、先輩達と茶通箱の花月をさせていただきます。ただでさえ難しいお点前なのに茶通箱の花月はさらにややこしい。
ご指導いただきながら2度させていただきました。
道具拝見の置き方が異なり、またひとつ勉強になりました。
濃茶を二服、薄茶を三服。
お茶もたくさんいただきましたが、足もしびれました。

茶花は竹で編まれた虫籠、これがすごい!一本の竹を編んで仕立ててあります。これにヒメヒオウギズイセンとシモツケが生けられました。
お軸は先週と同じく、白雲抱幽石 (はくうんゆうせきをいだく)です。

床柱にも生徒さんが持ってこられたアジサイそしてナデシコが‥。
長引く梅雨が一休みの日でしたが、7月とは思えぬ日照時間の少ない夏。昨年は連日猛暑日だったように記憶しています。お稽古では着物に炭の火と過酷な時間ですが、そろそろ日射しを感じる日が待ち遠しくなりました。
私は来週欠席なので、お稽古はしばらく夏休みになります。大好きな時間、また9月から頑張りましょう。

茶通箱付花月の手順はこちらを参考にさせていただきました。


湯島に行きましたからパン屋さんか和菓子屋さんを探します。
駅近くにありました。『つる瀬』さん。
甘味処も併設しています。庶民的な佇まいですが、上生菓子もありました。
やはり売りは、天神様の梅なわけですね。

"ふく梅" 真ん中の小梅の酸っぱさが甘い餡と相まってこれはいいですね。
お試しに買い求めましたが、これは覚えておきたいご当地銘菓だと思いました。

こちらは"志ら梅"
"ふく梅"が紅梅でこちらは白梅。

湯島天満宮みやげというだけかと思いましたが、

つぶ餡のとても美味しい最中でした。
他の和菓子も美味しい予感。店構えは下町風情でしたが、天神さまにあやかるだけでないお仕事をされる和菓子屋さんだという印象を受けました。

つる瀬


不忍池から横山大観記念館へ向かいましたが、本日は休館日。気ままな東京散歩なので、湯島天神に向かうことにしました。
実は私、湯島天神、初めてです。天神前の通りを渡ることが出来ず、少し遠回りすることになりましたが、

道路に面したこの夫婦坂からのアクセスが一番近いようですが、

その手前には男坂、女坂もあり、初めて行くのには幾通りもあるので、ややこしいと思いました。私の為に行った母もきっと迷ったのではないか?と、鼻のあたりがつんとなりました。

学問の神様所縁の天神様ですから、やっぱり、梅と牛なわけですね。

狛犬の台座にも梅。

手水舎横になで牛。腰をなでなでし忘れました。

あまりにも有名な湯島天神の梅ですが、梅はあちらこちらにあるように感じませんでしたが、初春はいい香りを漂わせているのでしょうね。

庭園は良く手入れされていました。

近所に会社がある方でしょうか?椅子に座って休憩するかたが数人いらっしゃいました。

湯島天満宮のご利益は学問だけではなく、宝くじ運や縁結び、病回復まで、実は都内有数のパワースポットなのだそうです。

近くには旧岩崎庭園もあります。湯島あたり、不忍池散策もおすすめですね。


不忍池の蓮が咲くのを、見たのは初めてです。池一面に蓮の葉が広がり、その中に咲く蓮、壮大な美しさでした。

仏教の世界では『蓮華』といって蓮や睡蓮の総称になっていますが、泥沼に生じて美しい花を咲かせることから、古くから仏の悟りをあらわす仏教のシンボルです。

観音様が手に持っている一輪の花は「未開敷蓮華(みかいふれんげ)」と呼ばれます。今にも咲きそうな蓮の蕾(つぼみ)を表現したもので、悟りを約束されながらも菩薩として働く観音様の姿をあらわしているそうです。

また、修業を経て悟りを得た状態を表現したのが、開花した蓮華を意味する「開敷蓮華(かいふれんげ)」なのだそうです。

仏さまは蓮華の形を模した「蓮華座(れんげざ)」の上に安置されていますね。

不忍池 辯天堂もお詣りさせていただきました。


上野公園、いつも美術展に行っておしまい、なので辺り良く見てないんですね。今日はクリムト展の後、ぶらりと歩いてみることにしました。
上野動物園でパンダもありかな?と、思いましたが、先の東照宮をお詣りすることにします。

ここは牡丹園が有名ですが、石灯籠のこの参道がいいですね。

多くの外国人がいらしていました。上野に来たらここは立ち寄るエリアなんでしょう。日本人よりも史跡として認知してるのかもと、感じました。

いつも右手の柵の向こうにあって眺めるだけでしたが、そばに行って観賞するのは、動物園への入場が必要です。
「神仏分離令」により寛永寺の所有になったことや戦火をうけることなく現存する重要文化財です。

この銅灯籠郡も見事です。そしてここはいつも清らかな空気を感じます。

狛犬。上から参道を見下ろし、迫力があります。

やはりここにも沢山の外国人がいらっしゃいました。今はお詣りの仕方もご案内がありますから見よう見まねで実践されていますが、今日は鳥居の前で礼をされている金髪男子をおみかけしました。

"金色殿"遠く日光までお参りに行くことができない江戸の人々のために日光東照宮に準じた豪華な社殿を建立したと言われているため、確かにプチ日光の風情です。

東照宮は徳川家康公(東照大権現)を神様としてお祀りする神社ですが、出世、勝利、健康長寿に特に御利益があるということです。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 日本橋三越の【日本橋庭園】
    kisetsuomederu
  • 日本橋三越の【日本橋庭園】
    りす
  • 八ヶ岳中央農業実践大学校芝生広場&農場食堂
    kisetsuomederu
  • 八ヶ岳中央農業実践大学校芝生広場&農場食堂
    ヒーローママ
  • 等々力渓谷公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    蒲池静恵
  • 等々力渓谷公園 【公園へ行こう】 犬と散歩
    等々力渓谷
  • 茶道のお稽古 vol.110【風炉/茶通箱付花月】
    kisetsuomederu
  • 茶道のお稽古 vol.110【風炉/茶通箱付花月】
    かの
  • 人形町でランチ【ル ブション】
    ヒーローママ
  • 甘夏 12歳!
    k

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM