また板橋に行ったので、今日こそノスタルジックなコッペパンをGETと、向かいました。
町のパン屋さん的な立ち位置ですけど、トレンドをきっちり取り入れているようで、新製品も多く並んでいます。
店員さんも元気が良く、応対が感じがいいです。

人気のパン屋さんなので、購入時、実にふっくらしていてルックスgoodです。
しかし、残念、持ち帰るとその様子が半減します。

"タルタルエビマヨパン"

あ〜ん、つぶれちゃいました(涙)

"ピーナッツ"定番のコッペパン。
チャンクのピーナツバターですが、懐かしい味です。

このお品は本当にケーキのようなおすがたでした。

"ダークチェリータルト"
大きくてジューシーなダークチェリーが3つにカスタード。
デニッシュ生地は、サクサクなのにしっとり。

完璧につぶれていますが、

板橋のタウン紙に紹介されたという"板橋ホイップあんパン"
こちらのパンは、コッペパンが元祖のお店なので、パン生地、美味しいです。

惣菜ものと、スイーツもの、半々で購入しますが、比率としてはこちらスイーツものが多いですね。
けれど板橋店はイートインがあるので、ピザの販売を始めていて、サンドイッチも豊富です。

"とろけるチーズビーフシチュー"

これ、好きでした。

"ハッシュオニオン"
コッペパンの生地を利用しているみたいです。

こちらのパン、和むお味です。


板橋に居ました。
何かなければ縁のないところ。
体調不良であたりを散策とかどこかを目指す気にもならず、
ならば、と、「板橋 パン屋」を検索しました。

そこで見知った名前を見つけてしまったので、ここを目指すことにしました。
交通手段を見つけるために、東口から西口に移動すると、
目の前に【マルジュー】の文字。
本当は、板橋区役所前あたりにある【マルジュー】に行くつもりでしたが、
具合の悪い私を気遣って神様が導いてくださったようです。

店内、とても混雑していました。
【マルジュー】はコッペパンの発祥したお店なんです。
ぐるりと見ると、どちらかというと町のパン屋さんな感じですが、どれも出来立てで美味しそう!
まずは、一番人気の"カレーパン"をトレーに載せました。

冷めてもぺちゃんこにならないカレーパンの具は自家製だそうです。
主人は、我が街経堂のキムラヤのほうが好きと申しておりましたが、キムラヤさんの生地はふんわり、マルジューさんの生地はカリカリ食感で、タイプが異なると思いました。

他はビニール袋ですが、カレーパンは別格扱い。
このまま食べ歩きもOKな感じですね。

"たっぷりベーコンポテト"

その名の通りの内容ですが、生地はコッペパンで具材たっぷり感が満喫できる印象でした。

"パニーニ"

コッペパンのパニーニバージョンですね。
具材のトマトのジューシー感が味を引き立てていました。
今回のイチバン♪

"ツナちくわ"

この具材は最近良く見かけますが、存在感、笑えます。
ちくわの中にツナ、めいどいんじゃぱんならではですね。

"とろ生コッペ"

1日限定50個だったかな?をゲットしました。
夫か気づきました。
「これは八天堂と同じだね」
パンに生クリーム&カスタードクリームがIN。
コッペパンは、すこし黄色味があったので、具材に合わせてタマゴ多めの生地かと思いました。

"今月のコッペ"

キャラメルクリームの入ったコッペパンでした。

定番のあんバターとかピーナッツバターは売り切れでした。

最近、PRONTOで、懐かしいコッペパンサンド、あるそうですね。
PRONTOのコッペパン

小さい頃丸十というパン屋さんがありました。
今では考えられないほど素朴な味だっと思いますが、そこの白くて柔らかい食パン、大好きでした。
こちらが、元祖だったのですね。

お店は、板橋東口駅前すぐ

丸十ぱん店の始祖、田辺玄平翁は、アメリカで苦学してパンの製法を学び、日本で初めてパン酵母による 製パン法を開発しました。
その後、大正2年に東京上野黒門町で食パン専門の店として「丸十ぱん店」を創業しました。

大正8年に、陸軍の糧食の嘱託となり、食パンの生地で食パンよりも携帯に便利なコッペパンを開発し納入しました。

それまでのパンはヨーロッパ式の塩味だけの固いパンでしたが、「丸十のコッペパン」は、それまで棄てられていた「ラード」を入れることで柔らかいふっくらとした現在のようなアメリカ式のパンを作りました。

そのことから、「丸十ぱん」がコッペパンの元祖といわれております。
(マルジューHPより、詳しくは↓)

マルジュー


今日のパン屋さんは、
西永福の【PANYA komorebi】さんです。
西永福ってご縁のない場所ですが、今、通院している病院が西永福で、駅を降りた時気になっていました。
いつも鼻をフガフガさせているのに、以前の2回は痛みが酷くてどうやらスルーして美味しい景色を見逃していたようです。

パンのいい香りを漂わせて病院もないなと思いまして、行きには横目で見て通り過ぎただけで、帰りにガラス越しに覗きました。
そうしましたらもう商品はわずかでした。
でも、アンテナがぴんときたら買わずにはいられません。

入り口を入ると左手に5席ほどのイートイン。
白木の椅子は店の雰囲気と同じお洒落な雰囲気です。
パンはそこのイートインでいただくのにお腹を満たしてくれるようなおかずパン的なものがわずかにあるだけでした。

帰り道に調べてみると、人気店なんだそうです。
夕方4時頃には売り切れてしまうこともあるんだとか!
私の立ち寄った時間は、5時過ぎでした。

写真は"グリルチキンとレンコンのタルティーヌ(柚子コショウ風味)"

レンコンのシャキシャキ感を楽しめる具材の美味しい一品。

"キノコとホウレン草のタルティーヌ"
(品名 失念しております)

断面がこんなにきれい!
タルティーヌながらパンの旨味もしっかり感じます。

"ソーセージとキャベツ"

ソーセージがINはたくさんありますがキャベツが、というのはめずらしい。
しかも緑色。
パンも美味しいけれど、ソーセージが抜群に旨い!こんなに美味しいソーセージを使うパン屋さんは、ちょいとないかもしれません。

こちらのことを調べていたら、パンの粉や具材にとてもこだわりがあるそうですね。
充分にその姿勢を感じるお品でした。

"めろんぱん"

粉の違いなのか?
ちょいと他とは異なる食感です。
かぶさってるのがクッキー生地でなくマカロン生地らしいです。

"フランボワーズと餡と生クリーム"

三位一体。
こちらのお店で人気のあんバターってのがあるようなんですが、それのアレンジバージョンかもしれません。
あんことイチゴが普通になった今、この組み合わせを食わず嫌いではもったいないです。

komorebi
03-6379-1351
東京都杉並区永福3-56-29


今朝は昨日お散歩の時に寄ったお隣の駅豪徳寺
【墨繪】さんのパン。
オープン間際でいつもと違うものもたくさんあったように思います。

"ベーコンとラタトィユ"
新宿墨繪レストランの料理で使用しているラタトィユと角切りベーコン、チーズを全粒粉食パンにのせて焼いた品。
レストランではいただけるラタトィユですが、新宿店ではパンの販売はしておりません。
豪徳寺のみで販売でしかも曜日も限定。
満足感たっぷりのカフェメニュー的パン。

"カルツォーネ"

低温長時間発酵のライ麦入りハード生地にバジルペースト、ドライトマト、じゃがいも、ベーコン、チーズを包み焼き上げた品。
こちらも豪徳寺のみの販売。
いろんな味がぱりぱりした食感の美味しい生地に包まれています。

"めんたいフランス"
福岡・博多の老舗「鳴海屋(なるみや)」さんのバラ子めんたいを使用した明太子パン。
土台のパンも美味しいから、この品は、明太子パン好きには、お試し頂きたいパンですね。

"ごほうパン"

フランスパン生地にチェダーチーズ、ゴーダチーズとごぼうのさいころカットを練りこんで焼いているのだそうですが、ごぼうの存在感があって、お酒のおつまみにしてもイケるのでは?と、感じました。

"ベーコンパン"

我が家の墨繪の定番です。
小麦全粒粉を入れた生地にさいころカットのベーコン、黒胡椒をふって包み焼きしています。
ベーコンとパン、朝食の定番ですけれど、なかなかの存在感でした。

"すみのえクリームパン"

人気の品は、昔からのグローブ型。
しかし中身は、卵とミルクの本物のカスタードクリームです。

墨繪 パン2016.2


【シナモンロール】
アメリカ発だと思っていましたが、スウェーデンで考案されたスウェーデン名物菓子だそうですね。
先日訪れた立川IKEAで購入しました。

スウェーデンではとってもポピュラーなパンのようですが、「FIKA(フィーカ)」とよばれるお茶の時間があって、コーヒーと一緒にケーキや甘いビスケットをいただくのが伝統的なスタイルだそうなので、そういうことがあってのことのようですね。

冷凍した状態で6個入りの袋詰めになっています。
180℃に温めたオーブンで15分ほど焼きます。
忙しい朝には、少し待ち遠しい感じです。

パン生地の層の間にはシナモンシュガーではなくて、バターたっぷりのシナモンペーストが挟みこまれています。

とってもスパイシーで、パン生地もモチモチ系です。

【サフランロール】
初めてこういうパンに遭遇しました。
スウェーデンでは、サフランロールもポピュラーなパンだそうです。

こちらはベイクした状態で冷凍されていますので、自然解凍か軽くトーストする形です。
お料理と一緒にいただくのでしょうか?
甘くなくて、私的に、好みです。

袋詰めの状態。どちらもお手頃なお値段なので、リピートしたいと思います。

シナモンロール
サフランロール
その他


広尾が本店ですか?
ブルディガラを知ったのは、新宿ルミネですけど、お洒落で美味しいパンを提供する店で、ワタシ的にはランキング上位な感じでした。

しかーし、新宿店、閉店しちゃったんですね。
斜め前が、ディーン&デルーカ、致し方ないですか(´・ω・`)

写真は"パン・ア・ラ・カヌレ"

キルシュも入った、デザートのようなフレンチトースト?
とっても美味しかったです。
気に入りました。

"パン・オ・レザン"

りっちなお仕立てで、パティスリーで扱うようなルックス、ボストックとかブリオッシュと陳列されている雰囲気です♪

"ベーコン・チーズ"

ハーブに黒こしょうが効果的にしかもバランスよく配合されたベーコンエピです。

立川店は、イートインなので、店名の通り、ヴィノワズリーが多いのですが、本来は生地そのもののお味重視のパンがお得意なのではないでしょうか?
ハード系なのに食べやすく、パンの旨味もしっかり感じました。

"ボストック"縦。

"ボストック"横。
大好きなボストックは、ブリオッシュではなくフランスパン製。

季節限定の品で栗を使った商品で、中身にクリームを仕込んだ、フランスパンなのにガリガリでない新しいボストックでした。
好き♪

"ハーブベーコン"

柔らかい白パン生地にマージョラム?が練り込んであってくるりと丸めて入れられたベーコンが口の中で具材とパンが融合する感じです。

"メロンパン"

見た目もレモン色でかわいいですけど、お味もとってめ良かったです。
ちゃんと上に被さっているのはクッキーです。

ブルディガラ


三軒茶屋付近にはパン屋さん充実しているんですかね。
このところの夫のお気に入り
【レ・サンク・サンス】
キャロットタワーから若林に向かう途中にあって人気です。

一番人気のクロワッサン。
私の好きなべったりしていないサクサクタイプです。

"クロワッサンハリコ"

なかなか美味しい餡の入ったあんクロワッサンです。

"うす焼きプロヴァンスピザ"
トマトソースとチーズにプロヴァンスハーブが振りかけられたパリッと薄く焼き上げたピザ。
"きのことベーコンのチャバタ"

チャバタはイタリアの食事パンで、塩みの効いたやわらかい食事パンですが、スパイシーな味付けが施されていて、もちもちで食感も楽しめます。

"ファブルトン"

フランス北西部ブルターニュ地方に古くから伝わるモチッとした食感の焼き菓子は、プルーンがまるごと1個、入っていました。

"ヴィノワーズナチュール"

甘いパンのカテゴリーに入りますが、
フランス人が朝食にカフェオレや牛乳と一緒に食べるパンで、そのままでも十分美味しいパンです。

どれも粉の旨味を感じる仕上がりで、
バゲットは、ルヴァンリキッドという液状の酵母を使い、オートリーズ法というフランスの伝統的な製法を用いて焼き上げているとかで、
皮はパリッと、中身はもっちりとした食感がアヒージョにぴったりで気に入っています。

レ・サンク・サンス 2013


我が町経堂コルティ内、小田急oxでは
『ベーグルベーグル』のベーグルが買えます。

かれこれ30年前、私は六本木元テレビ朝日通りで、スタイリストのアシスタントをしていました。
その場所に、日本初ベーグルのお店『フォックスベーグル』がありました。

ベーグルはもう、みんなが知ってるパンですが、
当時はユダヤの茹でて焼くパンはめずらしいものでした。

LAのケータリングの朝食で知って、サーモンとクリームチーズのサンドは当時ブームでした。
今でもニューヨーカーは大好きだと言います。

冷蔵庫に期限の迫ったクリームチーズがありました。
当時を思い出して、明日はベーグルにすることに決めました。

2つに切って好みの具合で、トーストします。

バター、さらにクリームチーズを塗ります。

水にさらして辛味を和らげたオニオンスライスを乗せ、

レモン汁をふったスモークサーモンをのせ、
塩、こしょうして出来上がり。


センパイがパン好きの私を連れて行ってくれたパン屋さん。
ギャラリーの中のアトリエみたいな不思議空間のお店でした。
クリーンで無機質な店内、宇宙的な印象も受けました。

(金)限定だという角食パンを買おうと決めましたら、
パンは焼きたてで、一斤(700円)に切り分けられないということでした。
残念無念、食パン1,400円はファーストトライでは勇気が足りず、こちらを選んでみました。

"BE20"

四つ葉バター20%と水で仕上げたパウンド型のパンです。

こんがりトーストしてみました。

美味い!
粉は生産者のわかる安心な国産小麦というこだわりがあるそうですが、
久しぶりに美味しいパン、いただきました。

"ブールブール"
バターと牛乳で仕込んだバターロール。

"フリットン"
プレーン生地に角切りバターを巻き込んで焼き上げた品。

"グリュイエール"
チーズが練り込まれているんでしょうか?
サックリ、いい口当たりです。

"アカネ"
きび砂糖で仕込んだ小豆こしあんぱんですが、このあん、黒ごまのはいった月餅あんに似ているなと、思いました。

紙袋もお洒落。

脇に手もは抜かない。
秘密工場は、地下にあります。

これではわからないと思うので、↓

ダンディゾン

パンは、白衣の店員さんに声をかけて取っていただきます。

場所はこちらです。


久しぶりにパンです。
珍しいところで出会いました。
吉祥寺アトレにあるSALON。
adam et rope(サロン アダム エ ロペ)のお店ですが、お洋服の他、セレクトものを販売しています。
オリジナルもありますが、他に蕎麦金平糖と、分包のココナツオイルを買いました。

カフェ横の店頭にあったのがこれ。
お洒落な今時の店が選ぶんだから何かしらあって、人気なんでしょう。

と、アンテナも反応したので、何となく購入しましたが、
(水)(金)限定で、売り切れのことが多いんだとか…。

さすが ワタシ。
鼻が利くぅ〜(^^)v

粒あんこが練り込まれた食パン。
生クリームを使った生地らしいです。

たっぷりあんこ、渦巻きに入っています。
あんぱんと違うのはあんがいい具合でパンと交じりあいます。

トーストしてバターたっぷりめがお薦めらしいですけど、
ココナツオイルもいい具合でした。

トミーズでもあん食はNo.1


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM