今年で17回目を迎える銀茶会。
秋の風物詩としてすっかり定着し、イベントとして円熟し、すべてがスムーズに行われシステマチックになってきたように感じました。

冊子やWebの情報もとても良く出来ていましたので、3年前に参加した時に飛び入りでお点前を拝見できるというようなことはないと思いました。

そんな人気のイベントなので、13時の回のチケットを入手するなら11時に並ぼうということになりました。
配布は12時10分からでしたが、すでに列をなしていました。

銀座の街が野点の会場となるイベントです。
茶道5流派、煎茶道が一堂に会するので私たちは、いただきたいお菓子を目当てに茶席券配布の列にならぶことにしました。

まず、入手できたのが、裏千家 薄茶席のチケットです。

お菓子は『銀座凮月堂』"月華"
西行法師が詠んだ「十三夜」を情景に思いを馳せて作ったそうです。

薯預きんとんと紫芋餡。二色の錦玉羮が煌めき、品がよくラグジュアリー感がある大人の銀座的な上生菓子でした。
月光、白菊、夜露。

このお席は伊東屋で展示の東京芸大工芸科、教員、大学院生の作品が使用されていました。

一昨年のリベンジ、次は2時台のチケットを入手した後、裏千家の「茶道はじめて体験」へ。

抹茶を点てます。
裏千家はふわふわの泡を仕立てていきます。

こちらがお目当てでした、『HIGASHIYA GINZA』のお菓子、"栗よせ"です。

茶巾絞りでした。
素朴なお味で、抹茶も美味しくいただきました。

並んでいる時に素敵な方と出逢いました。
出身は東ヨーロッパだそうです。
自身で三時間かけて結い上げた島田。お着物も、もちろんご自分でお着付けしているそうです。
「着物の方が楽なんです」と、仰っていました。
京都で茶道を習い、今はお茶名一歩手前で、茶道会館でお茶を習っていらっしゃるそうです。
日本人より日本的な方でした。
素晴らしい!

裏千家 立礼席。一番前の席で拝見しました。

『東京凮月堂』"秋の空"
街灯が灯りはじめた華やかな銀座の夕暮れを表現したそうです。
安納芋のスイートポテトにホワイトチョコレートのテリーヌ。

素敵なお茶碗

素敵なお茶碗2

そして、今回の私たち。

銀茶会 2015


ある方から美味しさを聞いていました。
でも、とはいっても、わざわざ買いに出掛けるには、芝公園は遠すぎる、そう思っていました?

道に迷ってたどり着いた東京タワー。
これは何かに導かれたと思いましたね。
ですから、寄らないわけにはいかないと思いました。だって、このあたり、ほとんどご縁のない場所です。

以前こちらが出来た時に食事に来たことがあります。
あれから何年経ったかな?
この地にまだあるということ、それは支持があるということでしょうね。

ぶっとい青竹に入ったお豆腐。970円なり。
お豆腐にしては高いでしょうか?いえいえ、4丁分くらいある感じですよ。

これはわざわざでも購入したい旨さでした。
なめらかでほんのり甘くて…。
薬味やお醤油がなくてもいただけます。

お店は風情もありますしね。

ショップに寄った後はお庭を拝見させていただきました。

で、見上げると東京タワーです。
夜、美しいでしょうねー。


ふらふらと散歩が好きなわたし。
今週末は夫が仕事なので、犬散歩はおあずけです。
神谷町あたりに用事があったので、
「そうだ!増上寺行こう」と出かけることにしました。

用事のあったホテルオークラあたり、来年竣工だということで、通行止めや工事中のコンクリートだらけ。
風景に知ったところがなく、増上寺までの道のり、迷ってしまいました。

くねくねと歩いて現れたのが東京タワー。
どこからでも拝める東京タワーはまぎれもなく東京、そして港区のランドマークですが、富士山と同じようにいつも遠くから眺めているばかりで、やってきたのは20年以上前のことだと記憶しています。
レトロな印象は変わりませんが、さすがに土産物店はリニューアルしていました。

東京タワーがわかればあとはGoogleマップがなくてもなんとなく歩けます。
東京プリンスで大学の友人で一番に結婚式をあげた友人のこと、前の仕事で撮影場所に使ったクレッセントハウスという仏料理屋のこと、初めて食べた大門の小籠包の店のことなどを回想しました。

社寺めぐりは年をとってからが良いのですが、階段が多いですね。
世の中のこと、少しわかってきたり、興味を持って見てみると断然吸収力がいいのですが、からだがついていかないようになります。今のうちがんばりましょう!

増上寺はほとんどが戦火を受けて焼失しているそうですが、山門は現存。
解脱門をくぐり抜け、禊をし、まっすぐ本殿へ向かいます。
何か行われていた後らしく、椅子が並べられていたので、数分そこで静かな空気を感じることに、お線香の香り、仏様のいる空間、しばしの平安。

どこからでも東京タワーがのぞめます。
こういう景色の社寺は東京ならではですね。

上野に対して裏鬼門だというこのあたり。
東京タワーはもちろん、大門、芝公園は元は増上寺の土地だったそうです。

初めて宝物館を拝見しました。
戦火を受ける前の模型の展示が主でしたが、書家の篠田桃紅さんの作品にロビーで触れることができました。

徳川家の墓所へ。

財政難で石造りになった宝塔にならんだ青銅製の皇女和宮の墓。
いきさつについてはボランティアガイドの方のお話で、わかりました。
土日は各名所、それぞれの区のガイドさんのお話が聞けてためになります。

外国からのお客様は、このお地蔵さんが気に入られていたようです。
確かにカラフルでインスタ映えします。


お茶のお稽古をご一緒させているお友達と『日日是好日』を観に行く約束をしました。
約束後、その日が水曜日で、レディスデーだということを知り、焦りましたが、お互いムビチケとやらで前売り券を入手していたので、ネット上でお席は確保できました。

お昼から映画を観ることにしていたので、カフェしようと探しあてたのがココ。
元コマ劇場、東宝シネマのある場所にホテルがあったのですね。
そのロビー階8Fにあるのが、『カフェテラス ボンジュール』です。
正面から見ると、こんな様子です。
こちら、もう、3年も経つのですね。
ホテルロビーは落ち着きますよね。
サービス料は付きますが、わたし、気に入りました。

窓際の席をご用意していただけて、GODZILLAヘッドをパチリ。

テラス席も気持ち良さそうでした。
10時15分に人気のモーニングビュッフェを利用しても良いかしら?と、思いましたが、やはり朝食後間もないということもあって、10時半に入店。11時からのメニューを注文させていただきました。
喫茶で入るよりもお得なランチメニューがあるので、有り難かったです。

しかし、私はこのゴジラプレートを注文しました。
飲み物付き、1,800円也。
コーヒーはおかわりできますが、アイスはNGです。

ラズベリーがフレッシュなチーズケーキに添えられたチョコレートにはGODZILLAの文字。愉しい!
ゴジラをかたどったチョコレートはお持ち帰りさせていただきました。
お願いすると袋に入れてくださいます。

カフェテラス ボンジュール


連チャンで犬散歩。
秋晴れの日はほんとに気持ちいいですからねー。じっとしていられません。

北の丸公園に車を停めて、いつものコースでお散歩します。
銀杏、黄葉はまだですね。

でも、ぎんなんはこんな。
拾う方、いらっしゃらないんですねー。

武道館をあとにして、千鳥ヶ淵を歩きます。

久しぶりの場所に、嬉しいんですねー。
あっちこっちに歩きまわり、景色を確認しています。

桜の季節は大勢の人で埋め尽くされる遊歩道もゆったりと、水の流れを感じながら歩けます。今日は水面がキラキラしていましたね。

皇居脇の歩道はランナーが多いので、少し小高いところを歩きます。
あら、茶豆くんたらニコニコですね。

ここまで来たらゴールはもうすぐ!
楽しい朝でした。


秋はいいですね。夕暮れは物悲しい感じがしますけど、日中は本当に気持ちがいいです。そんな季節に公園はぴったり、五感が刺激されます。

出るものは快調ですし、

年を忘れて足どりは軽やかですし、

やっぱり笑顔になれるのです。
これ、犬だけでなく、人間も同じ、ですよね。

犬も私達も大好きな公園は野川公園になるかな?と思いますが、2位は絶対、ここ水元公園です。
この景色、いったいどこの国?です。

この道も魅力的。
自然がいっぱいです。

先には蓮池があります。

たっぷり歩いて、家族全員、リフレッシュしました。


チビたちのはあったので只今使用中なのですが、
今回、IKEAに行きましたら小型犬以外に中型、大型用がありました。

と、いうことで、この度みんなお揃いになりました。

伸縮リードは、3頭でお散歩の時は絡まったりしますが、自由に動けるのでみんなのために良いのだ!と、夫は言っています。

携帯うんち袋もゲットいたしました。


これらを購入し、

IKEAカフェでは、確か80円でいただけるホッドドックで朝食をいたしました。
ヤミーp(^-^)q

でかすぎるマスタードはどうしようですけど、プライドオニオンとピクルスを入れたホッドドック、イケますね。
ソーセージはアメリカンドックの中身のようで懐かしい味がしました。


空気が乾いて気温が低くなり、星空が美しくなると、煌めく灯りは来るクリスマスを盛り上げてくれて大好きな季節です。

このような習慣は欧米からのもの、飾り付けは独特の空気が漂って、マーサ・スチュアートが唱えるクリスマスまでの準備を真似てみたかったものです。

ハロウィンが間近に控えていますが、IKEAでは、もうクリスマスの準備が始まっていました。

商戦ディスプレイに心みだれて、まんまとトラップにハマって新しいツリーを買ってしまいました(*^^*)


八代亜紀さんコンサートに行きました。
おばから譲り受けたお客様感謝祭の催し物。一度、生で八代さんの歌うジャズを聞いてみたかったので、有り難く二つ返事させていただきました。

目的のジャズナンバーの他、数々のヒット曲、カバー曲の「黒い花びら」は沁みました。ラストは「舟唄」。
唯一無二の歌声に一日のバタバタがぶっ飛びました。

コンサートはかつらメーカーのお客様への感謝祭なので、何か押し付けがあるとイヤだなと思っていましたら、会社の新業態のヒアルロン酸のサプリメントと本社のある愛知県の名産、ういろうをいただきました。

一子相伝という老舗もある中、日本の良き文化を広く長く継承するためには、今も昔も変わりないのかもしれません。

今は、SMS映えするビジュアル重視するものがものづくりの基本なのでしょうね。
老若男女、かわいいもの、キライなわけがありません。

名古屋の銘菓「ういろう」漢字では「外郎」と書き、600年もの昔に中国の米粉と砂糖で作られたお菓子を日本に伝えた人が「礼部員外郎(れいぶいんがいろう)」という官職にあったことからこの名前がついたそうです。

今回いただいたのは「青柳」と人気を二分するおいしいと評判の「大須ういろ」というブランドのもので、美味しかったし、この可愛さは牽かれるものがありました。

就任して4年目だという若き社長、外してないと思いました。

おしゃれなクラフト紙のパッケージに入ったアイスキャンディーみたいなういろう「ウイロバー」和菓子の概念を変えますね。

ないろは、小豆を練り込んだもので、ういろと呼ぶのと同じく「大須ういろ」の商法登録だそうです。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM