おかげさまで一遊びしたのに渋滞もなく東京に戻ることができました。
連休中ですから今日は談合坂でひと休みはしませんでした。
ですから罪滅ぼしで家の近くの芦花公園へ寄り道。

この嬉しそうな顔を見ると、やっぱり寄って良かったって思うわけですよ。
東京の緑も少し黄色くなってきたかしら?


昨日は残念ながら、昼過ぎから雨が降り始めてしまいました。
ですから今朝は早起きして帰京する前にわんこサービスです。
昨日寄れなかったいつもの場所。
でも今日は、雨上がりなので芝生広場までの遠征はおあずけです。

でもおふたりさん、こんなに楽しそう♪

甘夏さんも。

森はやっぱり野生が目覚めるんでしょうか?

ボール遊びも達成。

自然文化園、きれいでしょ。
紅葉、見頃でした。

次に来た時、後ろに見える八ヶ岳は雪模様です。

ほらだって、もう霜柱。


ここは先代かぼすとの思い出の場所。
天国に旅立つ前にここに来ました。
ちょうど紅葉の季節でした。

この堰と

景色が魅力的!

茶豆も
小梅も大喜び。

私達もこの風景に癒されるわけです。

しあわせ、しあわせ。


久しぶりの駈け足、相当嬉しいんでしょうね。その1。

その2。

その3。

茅野運動公園、色づき初めていました。

やっぱりもみじは綺麗ですね。


心身共にヘトヘト。
ワンコ達にもとばっちりがきていました。
連休ですが、主人の仕事が深夜になり、早朝出発して9月以来の八ヶ岳に向かいます。
やはり渋滞はありましたが、9時過ぎには到着することができました。

まずは"リゾートアウトレット八ヶ岳"へ。
10時オープンなので、ドッグランや

回りを散策。
彩られた山々、この方たちにはどのように映るのでしょうか?
私達もここの周辺がこんな景色であること初めて知りました。
普段と違ったことをすると発見がありますね。

今日はお洋服をパパさんに買っていただきました(^_^)v


11月になりました。
風炉から炉へと変わります。
炉開きはお茶の世界ではとても大事な節目となります。

ぜんざいを今年もいただきました。
お菓子は亥の子餅でした。

お軸は円相。天然の文字。
円相は11月に壮られるお軸だそうです。
円相(えんそう)は、禅における書画のひとつで、図形の丸(円形)を一筆で描いたもの。

悟りや真理、仏性、宇宙全体などを円形で象徴的に表現したものとされるが、その解釈は見る人に任される。

また、円窓と書いて「己の心をうつす窓」という意味で用いられることもある。(Wikipediaより)

すべてに意味があります。

茶花は、花水木のくれはです。
紅葉と書いてくれは♪

お稽古で初めて拝見いたしました水指。
とても惹かれました。

八卦という文様だそうです。
勉強不足で知りませんでしたが、お尋ねしますと易に使うそうで、茶道でも上のお点前で出てくるそうです。

天、沢、火、雷、風、水、山、地。
人生を支配する八つの要素がこれだと古代中国人は考え、しばらくしてこの八つの要素に文字をあてたそうです。

八卦(はっけ、はっか)は、古代中国から伝わる易における8つの基本図像。
「当たるも八卦、当たらぬも八卦」のはっけ。
お相撲の「八卦よい、のこった」は、8つの方向が全て丸くおさまっていますようにという意味らしいです。


10月の週末、雨ばかりです。
うちのコ達との週末のお楽しみはそんなわけでオアズケでした。
平日も雨天が多く、ちょっと可愛そうに犬バカ夫婦、思っておりました。

台風が接近中で天気予報は傘マークでしたが、遊びに連れていきたい♪
朝食後すぐに出発!
パラパラと降り始めた雨の代々木公園でしたが、久しぶりの緑と土に触れることができて喜んでいました。

私たちも樹木がもたらす特別な空気に近頃の忙しなさをひととき忘れます。

代々木公園の黄色く染まってきています。

今日はドッグランが閉鎖していました。
なぜかというと、代々木公園開園50周年イベントが開催されるためセンターの芝生広場にはステージが特設されていました。

マルシェなんかもあったりしてですね。
しかし、このどんよりとした空。
なんとも関係者の方々、お気の毒です。

代々木公園50周年イベント

入り口に新設された『まちのこども園』も完成したようです。


ミッドタウンに行った時は、必ず寄りたいのが和菓子匠『虎屋』さんです。
入って左のギャラリーが大好き!
まずはこちらを拝見します。

今回は、東京ミッドタウン店ギャラリー10周年記念 特別展「ギャラリーの記憶 2012-2016」が開催されていました。

そちらを観覧することや、ミッドタウン限定のお菓子が購入できることや、虎屋文庫の書籍をチェックできるのが魅力的です。

伺った時は、5年の間に催された14回のテーマにちなんで造られたお菓子が展示販売されていました。

期間限定で、この日は2017年10月1日(日)〜15日(日) 販売のこちら。

『すませば』です。

外郎製ですが、花びら餅のように仕立ててありまして、手亡豆の白餡の美味しいこと。

お値段は少々お高い虎屋さんのお菓子ですが、毎度、お味はもちろんですが、丁寧なお仕事、さすが!と思ってしまいます。

パッケージの裏には菓子銘も内容も記されていますので、そんなことを知りたい私には刺さるポイントが山盛りなのです。

接客態度も包装も細やかですし…。
大好きです、虎屋さん(*^^*)

企画展「甘いねこ展」(2013)よりの上生菓子。
猫ちゃんのお耳なのですね。うふ。
きゅんとします。

こちらも企画展「甘いねこ展」(2013)よりの『うたたね』

三毛猫を、白、茶、橙の三色のそぼろで表したきんとんです。

古くから親しまれている日本独特の猫三毛猫がひだまりの中、まるまってうたたねをしている意匠だそうです。

ミッドタウン 虎屋

都内の茶室で抹茶をいただくのに凝っていたことがあります。

その中で一番魅力的だったのがサントリー美術館内にある茶室”玄鳥庵”

展覧会が開催している期間の木曜日の1時から3時までの三回のみで大変人気なので、午前中に点茶席の券を獲得しなければ難しいという話でなかなか願いが叶いませんでした。

 

身辺ざわついていたのですが、仕事もお休みですしこの日を逃したらまたしばらくはやって来ないチャンスと思い、友人を誘って行ってまいりました。

 

点茶席は、美術展を観覧しなければ購入ができません。

 

今回開催の『狩野元信』は狩野派の礎を築いた絵師だったそうです。

狩野派はよくわからないのですが、そんな知識を得られたことは収穫でした。

 

サントリー美術館

今日の目的は『狩野元信展』ではなくてこちらです。

点茶席のチケットを購入した際にいただいたチラシには、お点前の拝見の時刻が記されています。

その他は茶室を見学して、点てだしを頂けるのですね。

ですが、どうせでしたら、やはりお点前を拝見しながら、美味しいお菓子とお抹茶をいただいて、お道具や茶花についてお話をお聞きしたいものです。

目標の10時に入館ができなくてあせりましたが、10時15分到着で、1時の回、7,8番で入手できました。

点茶券は一人2枚購入が可能です。

 

お菓子がなくなり次第終了ということですが、1時の回、一席に12名が入られていました。

50名までということですが、8畳の茶室、1時の回、かなり窮屈な感じでした。

チケット売り場では1時の回がやはり一番人気だということでしたが、お点前を拝見できる点茶券はかなり貴重だといえるのではないでしょうか?

”玄鳥庵”入口。

洗練された佇まい、さすが隈研吾氏のデザインです。

入口脇の風景は、蹲の先にミッドタウンの高層部の借景です。

こちらのガラスの奥が待合になります。

奥のお座敷でお茶をいただきました。

写真はNGですので、残念ながら様子だけを感じていただくことしかできませんが、お点前は昨日お稽古したばかりの中置でした。

点てだしのお茶碗は、それぞれが違う意匠で贅沢な印象を受けました。

 

床にはやはり昨日掛けられていたお軸と同じ「清風万里秋」の色紙。

茶花は、秋名菊、白花らっきょう、藪みょうが、桔梗など、秋の花々でした。

お花を生けられた先生は、半東もなさっていて、お花のお話もとてもきさくにしていただきました。

 

玄鳥庵 点茶

お菓子は赤坂『塩野』さん御製。”熟柿(じゅくし)”

外郎製、黄身餡仕立てでとても美味しかったです。

お茶は裏千家家元御好抹茶、小山園、”松柏”ということでした。

 

赤坂 塩野

 


清風万里秋の前には、昨夜一声雁という句が入ります。
この言葉のお軸は、今の時期によくお茶室によくかけられるようです。

昨夜一声雁 清風万里秋(さくやいっせいのかり せいふうばんりのあき)

意味はいくつかあって、昨夜、雁が一声鳴いたのを聞いて、清らかな風が吹き抜ける本格的な秋を迎えた事を知った。
ですとか、わずかな事から全体を知る。ですとか、全ての妄想・執着を捨て去った後の清々しさに満ち溢れた心境の喩えにも用いるそうです。

季節を感じることや、比喩に託して物事を深く考えるといった教訓としての禅語です。

悟りというのは、こういうことなのでしょうが、怒ってばかりの私はまだまだ修行が足りません。

茶花は秋名菊、桜蓼、高砂木槿、水引。
秋をたくさん感じる花々。

ご一緒している生徒さんから、秋になってはじめて咲いたといただいたお花は椿。
いよいよ椿の出番です。

以下、備忘録。

■中置 薄茶点前

1.水指を建付けに置き襖を開け、総礼。

2.水指を持って、風炉前左斜めのところに座り、水指を風炉の敷板の左側に置く。
3.次に棗と茶碗を運び出し、いつも置く水指の前の同じ位置に置き合わす。
4.続いて、建水を左手に持ち、風炉正面にに進み坐り、手なりに建水を置く。
5.柄杓を持ってかまえ、蓋置を取リ出して水指前に置き、柄杓をひく。
6.建水を膝前の線まで進め、居ずまいを正す。
7.茶碗を、右手前、左横、右横の三手で扱い、膝前少し向こうに置く。
8.棗を取り(半月に持つ)、茶碗と膝の間に置く。
9.帛紗を取り捌き、左手で棗を取り拭き、茶碗のあったところに置く。
10.帛紗を捌き直し、茶杓を拭き、棗の上に置く。
11.右手で茶筅を取り、棗の右側に置き合わせ、
12.茶碗を手前に引き、
13.帛紗を左手の指のにはさみ、柄杓をかまえ、
14.帛紗で釜の蓋を取り、蓋置きの上に置き、

15.帛紗を建水の下座に仮置きする。

16.茶巾を取り、手なりに釜の蓋の上に置く。

17.柄杓を扱って湯を汲み、茶碗に入れ、

18.柄杓を置き柄杓し、

19.茶筅通しをする。

20.茶筅を元の位置に戻す。

21.茶碗を右手で取り、左手に持ち替え、建水に湯を捨てる。

22.茶巾を右手で取り、茶碗を拭き、

23.茶碗を膝前に置いて、茶巾を釜の蓋の上に置く。

24.右手で茶杓を取り、客に菓子をすすめる。
● 客はこれを受け、次礼をして菓子器をおしいただき、懐紙を出して菓子を懐紙にとり、次客に菓子器を送る。

25.左手で棗を取り、茶杓を握りこんで蓋を取って、右膝頭に置き

26.茶を一杓半ほどすくい、茶碗に入れ、茶杓の先を茶碗の縁で軽く打ち、蓋をし、棗と茶杓を元へ戻す。

27.右手で水指の蓋の摘みを取り、左手で水指の胴の左側に手なりにもたせかける。(二手)

28.柄杓を持ち、湯を汲み茶碗に入れ、切り柄杓で柄杓を釜に戻す。

29.その手で茶筅を取り、茶を点て、茶筅は元の位置に戻す。

30.茶碗を右手で取り、左掌にのせ、茶碗の正面を正して定座に出す。

● 正客は茶碗が出されるとにじり出て膝前にそれを引き、にじり帰って茶碗を縁内に取りこみ、茶碗を縁内次客の間に置き、次客に「お先に」と会釈し(行のおじぎ)、茶碗を膝前真中に置き、「お点前ちょうだいします」(真のおじぎ)と挨拶する。右手で茶碗を取り上げ左手にのせ、感謝の気持ちでおしいただき正面をさけ時計回りに回しいただく。

31.亭主はこれを受ける。(行のおじぎ)

32.客の一口で亭主は帛紗を右手で取り、左手に打ちかえして腰につける。

● 次客へ茶が出されたら、まず縁内右膝横に置き、「お相伴いたします」と挨拶し、その後、左膝横「お先に」、膝前真中「お点前頂戴いたします」と挨拶し茶碗を取り、感謝の気持ちでおしいただき、正面をさけ、回しいただき茶碗を清め、指先清め、拝見し、返す。

33.亭主は茶碗が返ると、右手で取り、左手で扱い、右手で膝前に置き、

34.湯を汲み、茶碗に入れ、置き柄杓をする。
35.湯を建水に捨て、茶巾で茶碗を拭いて連客にも同じように茶を点てる。
● 正客は、ここで「おしまいください」という。

○正客から挨拶があればこれを受ける。
36.茶碗を右手で下に置き、「おしまいさせていただきます」と挨拶し、
37.右手で取り柄杓し水を汲み、茶碗に入れ、柄杓を釜にあずけ、引き柄杓する。
38.しまいの茶筅通しをし、
39.茶筅を棗の横に置く。
40.建水に水を捨てる。
41.右手で茶巾を取って、茶碗に入れる。
42.茶筅を取り、茶碗にとじ目を上にして入れ、
43.右手で茶杓を取り、左手で建水を引く。
44.その手で帛紗を捌いて、茶杓を拭いて、茶碗にふせて置き、
45.帛紗の茶粉を建水の上で払い、腰につける。
46.棗を右手で最初に置き合わせた位置に置き、茶碗を右横、左横、右手前の三手で棗の横に置き合わせる。(中置の点前は、必ず本じまいにする)
47.柄杓を扱って水指から水を汲み、釜に水を一杓さす。
48.釜の蓋を閉める。
49.柄杓を蓋置にひく。
50.水指の蓋を左、右の二手で閉める。
○ この時、正客から「お棗、お茶杓拝見を」の挨拶があれば受ける。
51.柄杓を右手で取り、左手で持ち替え、建水にたたみ
52.蓋置を右手で取り、左手で持ち替え、建水の下座に置く。
53.茶碗を、右、左、右の三手で勝手付きに割り付け、
54.棗を取り、左掌にのせ、客付きに回る。
55.棗を膝前に置き、帛紗を捌いて清め、
56.帛紗を膝前に置いて、棗の正面を正して定座に出す。
57.帛紗を腰につけ、風炉正面に戻り、
58.右手で茶杓を取り、左手に持たせ、客付きに回り、右手で棗の右に出す。
59.風炉正面に戻る。
60.柄杓、蓋置を右手に持ち、一膝勝手付きに向き、建水を左手に持って立ち上がり、水屋にさがる。
● 客は建水が引かれると棗、茶杓と出された順序に引く。
61.茶碗を右手で取り、左掌にのせ、さがる。
62.続いて、水指正面に坐り、水指を引き、襖を閉め、拝見の返るのを水屋で待つ。
● 正客は棗、茶杓と縁内に取り込み、亭主が水屋に入ってから次礼して、棗、茶杓の順に縁内で拝見をし、終わると出会いで返し、出された反対に返す。
63.亭主は拝見物が戻ると、とりに出て、道具正面に坐り、
「お棗は?」「お塗りは?」「茶杓のお作は?」「ご名は?」などの問いに
「利休形黒中棗でございます。」
「春慶で、ございます。」
「杓は坐忘斉お家元で、ございます。」
「錦秋でございます」 などと答えて、挨拶し、
64.おじぎの後すぐに、右手で棗を取り左掌にのせて、右手で茶杓を取る。
65.茶道口に持ってさがり、建付に茶杓、棗を置いて主客総礼をし、襖を閉めて終る。

2015年10月の中置のお稽古


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM