こちらへお邪魔いたしますのはまだ2回目ですが、しつらいにいつも感心します。

お正月は特に寿ぐ日本のかたちを見ることができますが、入口は今年、張子の犬たちでした。

戌のしつらいを見上げると、おかめさん。

フロントは鏡餅と角には恵比須さま?
前回は餅花の飾り付けはなかったように思います。
どんと焼きには欠かせないお正月の縁起物。
東京ではあまり見かけなくなりました。

ご案内を頂く前の待合所の手前には舞妓さんの絵にトクサの盆栽。

お席の用意ができるまで待合所で、甘酒をいただきます。
これもお正月のサービスですね。
そちらの壁にはこんな水引のお飾りがありました。素敵です。

初日の出も忘れてはいけません。

下足を預け、通路に上がると

新年の設えが左右にあります。
松のあしらい、工夫があります。

正面は御目出度い鶴の屏風。豪華です。

可憐な水仙は初春を感じます。

食事を頂いた広間の掛軸の絵は京都の名所の春夏秋冬でした。

お軸の横に飾られた花。
大きく仕上げるのは技がいるお仕事なのでしょうね。

2階。扇の設い。

至るところにこのような演出があります。

雅やかな衝立です。

今回は七草の寄せ植えがあちらこちらにありました。日本人であることと、しきたりを振り返らせていただけます。

新年を感じる生花。

日本画と花。

二階はお庭を愛でる一画があります。

至るところにしつらい。

二階からの景色はまた少し赴きが異なります。

滝もこのように窓越しに見られます。

私はこんなところにも注目。

お茶室の襖にもありました。

やはり椿も睦月には欠かせません。

お茶室前の花。
蹲に生けられて、風情があります。


昨年と同じ会場の『鴬啼庵』になりましたが、今年は松の内の6日の今日が、初釜の集いとなりました。
今回は社中15名でいつもより少なめ。
お部屋は一階の大広間のテーブル席で、曜日の違う生徒さんと、楽しいお喋りができました。

また、お食事がさらに嗜好をこらしたお品になって目にも口にも福が広がりました。

テーブルに並べられた八寸は三宝に紅白のお供え餅をかたどった器が楽しい膳でした。

《八寸》
小鯛笹漬五色なます

芹白和え
他に、松笠くわい 鮟肝真丈
おせちでは口取りとも云われますけれど、こんな風に少しずつをいただけるのがいいですね。

八寸の後に七草粥が出てきました。
暮らしの歳時記を形に出来る和食は素晴らしいですね。

《向附》
旬魚のお造り(二種盛り)

《煮物椀》
海老真丈 からすみ 梅大根 京人参 木の芽

《焼物》
和牛ほほ肉と蕪の重ね焼き 堀川ごぼう
堀川ごぼう、京野菜なんですね。どんだけ太いごぼうなんでょう?
真ん中をくりぬいて調理をするのがお決まりなのだそうです。

《鉢物》
金目鯛かぶら蒸し
焼穴子 ずわい蟹あん掛け
こちら、同席したメンバーから今日一番の票を獲得した、実に手の込んだとろける美味しさでした。
このようなお品は家庭では作りませんし、いただけませんから、やはりこういうお席でいただける醍醐味を感じます。

《食事》
真鯛の土鍋ご飯 香の物 赤出汁
この小さな土鍋でおこげのついたご飯に仕上げるのはどのように調理なさるのでしょう?美味しい鯛飯でした。

《水菓子》
旬の果実の贅沢パフェ
上はマンゴーのムースですが、一口含んだ瞬間、なにやらお酒の香りがしました。どなたかが「ラム酒?」とおっしゃいましたが、和のテイストがします。その後に「甘酒?」と続いて、麹らしいものがひそんでいるらしいことがわかりました。

マンゴーの下はベリー類が入ったジュレ。口あたりがいいようにみぞれ状になっているという心遣い。お料理の閉めに絶品のデザートをいただき、大変満足でした。

鶯啼庵総料理長 井上 克生 謹製ということでお品書きがテーブルに添えられていましたが、料理長、吉兆で修行なさった方だそうです。

テーブルに置かれた手拭いのようなものはナプキンでした。

箸袋も寿の文字入りでしたが、隅々まで初春を感じるおもてなしに大変好印象を受けました。

2017年 鴬啼庵での新春


明けましておめでとうございます。
新しい年が始まりました。
平成30年。なんだか節目の年な感じがします。

クリスマスが終わってツリーが外されると、日本は一気に新年の飾りつけがされて、お正月用品が売り出され、忙しい年の瀬も新年に向かっていることを感じるようなります。

そういう風習、私は大好きなんですね。
だからクリスマスツリーは翌日には片付け、苦になる29日いち日飾りは良くないとかいう迷信を信じて、28日の朝、門松を立てます。

お正月の飾りものやおせち料理にそれぞれ云われがあるのも日本独特の文化。
『寿ぐ』は日本人として継承していって欲しいですね。

さて、新年を迎えるにあたって、換える一つにカレンダーがありますが、
今年は我が家、コレです。

だってですね。
2月のお写真、赤ちゃんの時の茶豆なのです。
基本、このお顔、やっぱり変わらないなぁ〜。けれど、ビッグに育ちました。

今年は戌年。
さらに楽しく元気に一年を過ごしましょう♪

皆さまにとってもより良い年になりますようお祈りいたします。
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m


今年は肋骨骨折というアクシデントがあって、満足にお稽古に通えませんでした。
私がご一緒させていただいている水曜日
は生徒さんが5人いて、最終週、花月をさせて頂いていますが、私がいない間、なかなか人数が揃わずできなかったそうです。

終い稽古、台子で平点前の花月をすることになっていました。
ただでさえ未熟で皆さんに迷惑をかけていますので、早く行って準備をします。

台子のしつらえは次にいらした先輩が整えてくださいました。
花月の場合、蓋置は建水に仕組まず、杓立の前に荘ります。

茶花は12月の花でもあるロウバイと白玉椿です。
冬の楽しみの椿、

ダメ生徒は椿の帯を締めて行きました。HAHAHA(^ー^)

以下備忘録

1.折据を5人で札ひいて花をひいた人が 亭主となります。
2.月が正客 以下一二三
3.正客から順番に「お先に」して、茶道口で一礼して席入り。
4.亭主が茶道口から挨拶に出てきて、総礼します。
5.客は「お先に」の挨拶で 四畳半に入ります。
6.主は折据を正客の前へ運び一礼します。
7.茶杓、茶巾、茶筅を仕組んだ茶碗を運び、仮置き、天板の棗を横に持ち、台子正面右寄りに置き、仮置きした茶碗を三手で左側に置き合わせます。
8.水屋へ戻り、建水を畳敷き合せに置いて、仮座へ。
「折据お回しを」と言います。
9.正客から次礼して札を取りまわし、
10.主が折据を置くと「花」のみが名乗ります 。
11.折据に札を戻し、花は替札を取り、正客は折据を5目に収めます。
12.花は敷き合せに座り、建水を持って立つ、
と同時に花以降は立って繰上げて座ります。
13.花は台子の点前をします。
14.蓋置きを置くと、主客総礼。
15.茶巾を取った時に正客は折据を取り廻します。
16.お詰が5目に折据を置くと「月・花」名乗ります。
17.点前座の茶を点て茶碗を出し、「松」と名乗り、仮座へ。
18.お詰は折据を仮座3目へ。
19.札を折据に戻します。
20.「月」は茶碗取り込み、茶を喫し、替え札を取ります。
21.次の「花」替え札を取り、点前座へ。
22.以下同様に四服点てる 。
23.四服目は折据を角掛(スミカケ)に送り、
24.お詰は茶碗の出る隣へ折据を運ぶ。
25.「仕舞花」は茶を出すと「松」と名乗り、客付に回り札を折据へ戻し、角掛に向うに置きます。
26.仕舞い花が片付けている間に座代わり、
27.全員最初の位置に戻ります。
28.仕舞い花が建水を置いて亭主の後ろを過ぎると亭主が立ち上がって点前座に進みます。29.亭主は折据で総礼して、折据を懐中し(一番手前)水屋に下がります。
30.8畳に戻って、亭主が送り礼をします。
31.扇子を前に置いて、次々と「お先に」して、水屋に下がります。
32.水屋で扇子を前に置き、お互いに挨拶して終了です。


いつものお稽古日、京都に出かけていたのでお休みしました。
家のことでお茶への気力がちょっぴりダウンしていたのですが、お茶会に参加して、やっぱりお茶って楽しいなぁ〜。
そんな気持ちになってやる気がアップしました。
そうはいっても、したっぱの私ですからすぐにスキルアップするわけではありません。

今日は、初釜でのお点前、台子の濃茶にチャレンジです。
まだ、よくわからないのが火箸の扱いです。
そして濃茶は、お茶を点てるまで、釜の蓋を閉めておきますから、とにかく台子正面から居前に回る回数が多くて大変なお点前です。

また今日は、先生に無理言ってお稽古をお願いしたので、マンツーマンで、ど緊張です。
緊張のあまり濃茶を練るのに力が入りすぎました。

お軸は『無事』
年の瀬に相応しいお言葉に先生の思いが感じられました。

茶花は、柏葉紫陽花の照葉と椿。
紫陽花の葉、お部屋で美しい赤に仕上げたそうです。

以下備忘録。

【炉/台子濃茶点前】

1.天板には棗を荘り、地板には水指、柄杓と火箸を入れた杓立、その前に蓋置を入れた建水、茶入を台子の中央手前に置きます。
2.茶碗を膝前に置き、茶道口を開けて持って入り、膝前に茶碗を置いて茶道口を閉めます。
3.茶碗を持って台子の正面に座り、茶碗をまず二手で持ち替えて仮置きします。
4.茶入を畳の中央右に寄せ、
5.茶碗を三手で置き合せて、
6.建水を両手でおろし、左手で左膝脇に置き
7.両手をついて、右手で火箸を杓立てから抜いて真後ろに下ろします。
真後ろから建水のあったところを左に避けて、身体に横になるように持ってきます。
火箸の先が上がらないようにしながら右手を火箸の飾りまで引いて、縦にします。左手を縦にして、火箸の真ん中より少し引きます。下げたところを右手で持ち、左手で上から握りこんで台子の左隅に挟みます。
置いた後、左手の親指を伸ばして火箸を飾りの部分が出ているぐらいにして押し込みます。
8.建水の中の蓋置を右手で取って左掌にのせて居前に回り定座に置いて総礼します。
9.建水をすすめ、居ずまいを正します。
10.左、右と二手で茶碗、茶入を膝前に取り込みます。
11.茶入の仕覆を脱がせ、左から右にかえし、左手で台子の左手前角に置きます。
12.腰の帛紗を取り、四方捌きし、茶入を清め、台子の中央左に置きます。
13.帛紗を捌き直して茶杓を拭き、茶入の蓋にのせます。
14.右手で茶筅を取り、茶入の右に置き合わせます。
15.茶碗は手前に寄せ、茶巾を水指の蓋の上にのせます。
16. 帛紗で釜の蓋を取り、 帛紗を右膝頭に仮置きします。
17.柄杓を取りに台子正面に回ります。
柄杓は真横に下ろし、真っ直ぐに引き茶筅の右から左手に持ちかえます。
18.居前に戻り、湯を汲み茶碗に入れ、
19.柄杓を左手に持って、台子正面に回り、柄杓を杓立てに戻します。
20.居前に戻り、 帛紗で釜の蓋を閉めます。
21. 帛紗を元の位置に仮置きし、茶筅通しをします。
22.茶筅を戻し
23.湯を建水に捨てて茶巾で茶碗を拭き、茶巾を水指の上に戻します。
24.茶杓を右手で取り、茶入を左で持って、蓋を茶碗の右に置き、茶を三杓入れて、茶杓を茶碗にあずけ、回し出しをし、茶入の口を指先で拭き、その指先を懐紙で清めます。
25.茶入の蓋を閉め、元の位置に置き、茶杓を扱って持ち、茶碗の茶をさばき、茶杓を茶碗の縁で軽く打ち、茶杓を茶入の上に戻します。
26. 帛紗で釜の蓋を取り
27. 帛紗を左掌にのせて、台子正面に回り、帛紗を右手で左膝脇に仮置きし、
28.柄杓を抜き、居前に戻り、
29.湯を汲んで茶碗に入れ、茶を練り、いま一度湯を入れ練り返して茶筅を戻し、茶碗を定座に出します。
30.正客の一口でお服加減を聞きます。
31.柄杓を取りかまえ、左手に持たせ、台子に回りの杓立に戻します。
32.居前に戻り、釜の蓋を閉め
33.蓋置を右手で取り、左掌にのせ、台子正面に回り、建水の位置に仮置きします。
34.客付きに回り、正客と、お茶銘、お詰め菓子などの挨拶をかわします。
35.末客のすい切りで台子正面に回り、蓋置を右手で取り、左掌にのせ居前に戻り、蓋置を元の位置に置きます。
36. 帛紗を取って釜の蓋を開け、
37.台子正面に回って帛紗を左膝脇に置いて、柄杓を取り、居前に戻り釜にあずけて、
38.水指の茶巾を取って、釜の蓋に置き替え、
39.水指の蓋を右、左、右の三手で開けます。
40.釜に水を一杓さし、 帛紗を腰につけて茶碗が返るのを待ちます。
41.茶碗が返ると茶碗を右手で取り、膝前に置いて、主客総礼します。
42.茶碗に湯を入れ、建水に捨て、膝前に置き、仕舞いの挨拶をします。
43.茶碗に水を入れ、茶筅通しし、水を捨て、茶巾を入れ、茶碗を膝前に置いて、茶筅を入れ
44.茶杓を取り、建水を引いて
45.帛紗を取り、帛紗を捌いて茶杓を拭き、茶碗にのせ、
46.帛紗を払い、腰につけ、
47.茶入を畳の中央右寄りに置き、茶碗を右、左の二手で茶入と置きあわせ、
48.釜に水をさし、湯返しして、
49.柄杓を左手に持ち、台子正面に回り、杓立にさし、
50.居前に戻り釜の蓋を閉めて、水指の蓋を右、左、右の三手で閉め、道具拝見の挨拶を受けます。
51.蓋置を右手でとり、左掌にのせ、台子正面に回って杓立の前に荘ります。
52.火箸を扱って杓立に戻します。
53.茶碗を右一手で仮置きし
54.茶入を取って、左掌にのせ、客付きに回り、茶入を清めて定座に出します。
55.帛紗を腰につけ、台子正面に戻り、茶杓を右手で取り、左手に持たせて、居前に回り、茶杓を出し、
56.そのまま居前から左手で天板上の仕覆を取り、扱って左掌にのせ、客付きに回り、茶杓の右に出します。
57.台子正面に戻り、建水を持ち水屋にさがります。
58.つづいて茶碗を引き、
59.水次を持ち出し、水指正面に座り、水指の蓋を右、左の二手で開け、水を注ぎ、
60.水次を持ってさがり、
61.建水を持ち出し台子前中央に座り、建水を膝前に置いて、蓋置を右手で取り左手で扱って、右手で建水の中に入れ、建水を両手で杓立前に荘ります。
62.水屋にさがって茶道口を閉めます。
63.拝見物が戻ると、茶道口を開けて入り、道具正面で挨拶して、仕覆、茶杓、茶入の順に持ち、茶道口にさがり、建付けに道具を置いて、主客総礼して終わります。


車を車検に出していたので、久しぶりのちょっぴり遠出散歩。
今日は柴犬6頭連れのご夫婦と遭遇しました。みんなよそから来たコたちだそうですが、迫力ですね。

野川公園、寒かったですけど、ウチのコたち、超活発でした。

ほらね。

跳びますとびます。


友人が作業内容をテレビで見ていて、切望したので行ってみました。
ポルタの広場にありました。
プラントハンター西畠清順さんと、絵本作家谷口智則さんのコラボレーションだそうです。
『そらとヒトを繋ぐ空中庭園』

こちらは、伊勢丹のクリスマスツリー。

大階段のツリーも撮れました。

★おまけ★
駅前の辻利の抹茶ソフト(^^)d


京都で湯豆腐、食べたことなかったので、美術館の後にと近くで探しましたらこちらがヒットしたんですね。

季節ですし、お昼頃は風花舞いましたし、いい感じかと思いました。

場所は八坂の塔の近くでロケーションは抜群でした。

こちらをお願いしました。

ゴマ豆腐。

とろろ。

木の芽味噌田楽。

メインの湯豆腐。
一人が頼んだ田舎豆腐が上に乗った三人前。
京都では、お豆腐はお家で頂くもの。
まぁ、東京でもそうですよね。
でも、ポン酢が多いんでないでしょうか?
京都はお出しと、おネギの薬味でした。
お豆腐本来の味はわかるけれど、なんだか物足りない感じは否めなかった印象です。

ごはん、天ぷら、香の物がつきます。

有名人が訪れてはいるみたいです。
昭和な感じ漂います。

奥丹


京都でお茶会のお誘いをいただいた後、BSの『ぶらぶら美術館』で、祇園の歌舞練場で秋田でクリニックを経営されている方のコレクションが公開されているという番組を放映していました。
六本木の新国立での展示を観たばかりですが、会場やコレクターの先生が魅力的なので、これは今回外せないと思いました。

早速友人にラインを入れるとお供いただけるとのこと。
お茶会の翌日の予定は、ここを中心にプランをたてました。

歌舞練場、老朽化のため修復工事が入ると言います。その前の特別な企画展。

都おどりの会場だと云いますが、今回のようなことがなければ立ち入ることなくでいたと思います。

写真OKの作品は代表作ですが、現代アートの前には竹製の結界。
畳に塗り壁の会場の中にしっくりと馴染みます。

お庭を愛でる廊下。
座禅の組み方が標されていました。

お庭が素敵なことはまるでご案内がなかったのでした。

二階からの眺めも素敵でした。

この作品、六本木にもあったかしら?
男性の象徴だったと思います。
二階はシルクスクリーンでは難しいと云われるラメをちりばめた作品たち。
引き込まれました。

こんなコーナーも手抜きはしない。
グッズやカフェコーナーも充実の草間弥生展。スタッフさんが素晴らしいんでしょうね。

歌舞練場は、若い人に人気の花見小路に面しています。

会期ですが、夏までのはずが来年2月まで延長になったそうです。

フォーエバー現代美術館


友人の願いあり、行列覚悟で伝説の品を求めて伺いました【ふたば】さん。

ラッキーでした。タイミングが良かったんですね。
私は「休み明けだし、行列凄いと思う」と脅かしていました。

ご存知『豆福』

『黒豆大福』

『よもぎ餅』

『ゆず餅』

『福豆大福』

やっぱり美味しいのだ!

出町柳 ふたば


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM