この掛け軸の絵、ご存知ですか?
大津絵と云うんだそうです。
ユニークなスタイル、大好きな芹沢けいすけの絵とだぶりました。
民芸ですね。
街中で売られているそうですが、代表的な絵の題材が10あってそのうちの一つが鬼なのだそうです。

先生、これをお軸にかけてくださる柔軟さをお持ちです。
明後日は節分。
酔っぱらいの鬼、三味線を弾いてご機嫌な様子です。

大津絵

梅に椿。
今日も先生の巧みな技を感じました。
こうはなかなか生けられません。

お菓子は一週間限りの販売、節分限定"福豆"

お点前は、貴人清次をさせていただきました。
以下、備忘録です。

■貴人清次について■
 「貴人清次」というのは、貴人に随伴のあった場合の貴人にもお伴にも茶を点てる作法。
 【清】というのは、貴人。【次】(つぎ)がお伴のこと。
 貴人碗は天目のものを木地の台にのせて茶巾、茶筅、茶杓を仕組み、菓子も高杯に盛りますが、
 次茶碗は普通の茶碗ですが、茶筅は貴人の【清】が白竹に対して、【次】は煤竹の数穂を用います。
 茶巾は普通のものを使いますが、畳み方が特殊で、これを『千鳥茶巾』といいます。これを膨らみを手前にして茶碗に仕組みます。
 また、十一世玄々斎の創案なる炉の点前の千鳥茶巾をのせるための炉縁の角を切られた形の二等辺三角形の板を、山形に懐中して席入りし、畳付のしるしとして、松葉、ツボツボなどの焼印が押してあり、この方を向こう向きに懐中あい、畳につくように置くのがお約束。(但し、宗匠の花押があれば、この方を上にする)

▲千鳥茶巾の畳み方▲
 1、端を中心に向かって斜め三角に折る。
 2、反対側も同じように折る。
 3、上から2つに折る。
 4、親指が中に入ったまままた2つに折る。
 5、上から少し折って表向きに向きを替える。千鳥の羽が出たようにたためます。
 6、これをふくらみを手前にして次茶碗に仕組む。

● 菓子は貴人は高杯、お伴には普通の干菓子器を別に持ち出す。

点前
1、貴人の台茶碗を建付けに置き、茶道口を開け、両手を揃えて一礼する。(真)
2、貴人台を運び出し、畳の中央を進み、棚の正面に坐り、台茶碗を、勝手付に仮置きする。
3、棚の棗を右手で下ろし、水指前右方に置く。
4、仮置きの貴人台を右横、左手前と取り上げ、左横、右手前と持ち替えて、棗と置き合わせる。
5、次に、次茶碗を右掌にのせ、左手に建水を持って席入りし、襖を閉め、居前、外隅ねらいに坐って、手なりに建水を置く。
6、次茶碗を左に渡して勝手付に置き、左手で柄杓をとり構え、右手で建水の中の蓋置を取り、畳の縁より3目ずつのところに置き、柄杓を蓋置きに斜めに引く。
7、左手で建水を膝前の線まであげて、居ずまいを正し、貴人台を右手前、左手横と持って取り上げ、右手を横にして膝前少し向こうに移動させる。
8、棗を半月に取り、茶碗と膝の間に置く。
9、左手で腰の帛紗を取り、捌(さば)く。そのまま帛紗を握り込み、左手で棗を取り、清める。
10、そのまま帛紗を握り込み、棗を左手で上から持って棚の手前右角に置く。
11、帛紗を捌き直して左手に持ち、右手で茶杓を取り、清め、棗の上に置く。
12、右手で茶筅を取り、棗の右側に置き合わせる。
13、帛紗を左手の人差し指と中指の間にはさんだまま、柄杓を右手で取りかまえ、右手で帛紗を取り、釜の蓋にのせ、開け、露をきる。
14、蓋を炉縁の角を避けながら、蓋置に置き、帛紗を左膝前に仮置きし、蓋の上に茶巾をのせる。
15、柄杓を持ち直し、湯を汲み、茶碗より合一つ分上に持ってきて、湯を茶碗に入れる。柄杓を釜にあずけ、
16、右手で茶筅を取り、左手を軽く茶碗に添えて茶碗を右手で一度打つ。
17、右手左手と両手で台縁を持って手前に寄せ、左手を茶碗に添え、茶筅通しを二度上げ三度打ちして、穂先を清める。茶筅を元の位置に戻す。
18、茶碗を右手で取り、左手も添えて取り上げ、左手片手で建水に湯を捨てる。
19、茶巾を右手で取り、茶碗を大きく三回半拭き清める。
20、茶碗に茶巾を入れ、左手を添えたまま茶碗を台にのせ、茶巾を釜の蓋の上に置く。
21、右手で茶杓を取り、左手を畳に軽くおき、頭を下げ「お菓子をどうぞ」 とすすめる。
22、棗を左手で上から取って、茶碗の左上で蓋を取り、右ひざ前に置く。
23、茶を二杓ほどすくい茶碗に入れ、茶杓を持ち替えて茶碗の縁で静かに打って茶を払う。
24、棗の蓋をし、右手で扱って左手で置き、茶杓を棗の上に戻す。
25、右手で水指の蓋の摘みを取り、左手で横に持ち替え二手で、水指の左側に置く。
26、柄杓を持ち、湯を汲み、茶碗に入れる。残りを釜に返し、静かに柄杓を釜にあずける。
27、その手で茶筅を取り、茶を点てる。茶筅は元の位置に戻す。
28、貴人台を右手左手と持ち、取り上げて客付に回り、台縁を右向こう左手前と上で回して定座に出す。左膝右膝と一膝退いて両手を畳につけ控える。
○ お次が、このお茶を取次ぐ。
●貴人の喫み方は法なしといいますが、お稽古の場合は、お茶が出されると、まず取り次がれた貴人台を両手に取り上げ、縁内次客の間に取り込み、、次客に「お先に」と次礼し、正面に置き、「お点前ちょうだいします」(真)と挨拶し、貴人台を右膝頭に置いて茶碗を取り上げ、左手にのせ感謝の気持ちでおしいただき、正面をさけ時計回りに回しいただく。
29、亭主はこれを受け、
30、一口喫まれると、「お次へも差し上げます」 と挨拶をし、居前に戻る。
● 貴人が薄茶を喫み終わり茶碗の拝見も済むと、お次から 「お茶碗拝見」 と請う。次の縁内に茶碗が回ってくると、次礼して拝見し、次は縁外で回す。
31、次茶碗を左手で取って右手で膝前に置き、次茶筅を建水の右方上座において、千鳥板を懐中から取り出し、縁から畳目二つ目炉の線に揃えて出し、
32、千鳥茶巾をその上にのせ、
33、茶碗に湯を入れ、煤竹の次茶筅を取って二度打ち一度上げで茶筅通しをし、茶筅を元の位置に戻す。
34、湯を捨てて千鳥茶巾でぬぐい元に戻し、茶を点て、定座に出す。
● お次の茶が出されると次の上客がこれを取り込み、膝前に置き、貴人に 「お相伴を」 の挨拶をし、左方において 「お先に」 の一礼をし、膝前に置き 「お点前頂戴いたします」 の礼をして茶碗を取り上げいただきます。
35、お次の一口で亭主は、帛紗を右手で取り、左手に打ちかえして腰につける。(婦人、共蓋の場合)
36、貴人の台茶碗が返ると、亭主は客付に回ってこれを取り込み、湯ですすぐ。
37、左手で茶碗を取り、湯を建水にあけ、貴人から、ここで 「おしまいください」 の挨拶があればこれを受ける。
38、茶碗を右手で下に置き、あらためて 「おしまいさせていただきます」 と、しまいの挨拶をする。
39、右手で柄杓を取り、水指から水を汲み、茶碗に入れ、しまいの茶筅通しをする。
40、茶筅を茶碗の横に置き、建水に水を捨て、右手で茶巾を取って、茶碗に入れる。
41、茶筅をとじ目を上にして茶碗に入れる。
42、建水上座の煤竹茶筅をその跡に置き換える。
43、貴人台を両手で取り上げ、勝手付に仕舞いつける。
44、次茶碗がかえり、湯ですすぎ、また点てて出す。お次の上客から 「おしまいください」 の挨拶がかかると、「白湯でもいかがですか」 の挨拶をし
45、水を入れ、一度打ち「の」の字と茶筅通しをし、
46、水を捨て、千鳥板を懐中し、
47、次茶筅も仕組み、
48、右手で茶杓を取り、左手で建水を下げる。
49、帛紗を捌き、 茶杓を清め、次茶碗にふせて置く。
50、帛紗の茶粉を建水の上で払い、腰につける。
51、棗を右手で、水指の右寄りに置き合わせる。
52、次茶碗を、棗の左側に置き合わす。
53、釜から柄杓をとり、水指から水を汲み、釜に水を一杓さす。そのまま柄杓を釜に入れ、湯をたっぷり汲み、湯返しをする。
54、柄杓を構え、釜の蓋を閉め、柄杓を引く。
55、水指の蓋を閉め、正客から「お棗、お茶杓拝見を」の拝見の挨拶があれば、受ける。
56、柄杓を居前から右手で取り、棚に荘る。
57、蓋置きを右手で取り、左手にのせ、水指の正面に向く。蓋置を右手に持ち替えて、棚に荘る。
58、次茶碗を台茶碗と建水との中間、勝手付に割りつける。
59、棗を持って、客付きに回り、棗を膝前に置き、帛紗を捌いて清める。
60、帛紗を膝前に置き、棗の正面を正し右手で左側に出す。
61、帛紗は腰につける。
62、水指正面に回り右手で茶杓を取り、左手に持ち替え居前に回り、右手で棗の右に置く。
63、水指正面に回り、次茶碗を右掌に、左手で建水を持って勝手に退く。
64、続いて、貴人の台茶碗を持ってさがり、茶道口建付に置いて、貴人に一礼する。
65、水次を持って入り、棚前左に手なりに置く。
66、水指の蓋を右手で取り、左手で扱って、水指の左横に立てかける。
67、茶巾を水次の口にあて持ち上げ水指に水をつぐ。(丸卓の場合は棚にのせたまま更好棚の場合は下ろしてつぐ)
68、茶巾を水次の蓋上に戻し、水指の蓋を扱って閉める。
69、水次を正面から持って下がり、襖を閉め、拝見の返るのを水屋で待つ。
● お次は棗、茶杓を貴人に取り次ぎ、自らも拝見をし、終わると、定座に返す。 
70、亭主は拝見物を取りに定座に座り、正客からの拝見物の問いに答える。
71、右手で棗を取り、左手にのせ、右手で茶杓を持つ。
72、立ち上がり、拝見物を持ってさがり、茶道口に坐り、建付に拝見物を置き、総礼して襖を閉める。


貴人とは、官位の高い人のことをいい、
【貴人点】とはそのような方々にお茶を差し上げる時のお点前といいます。
そういう機会はほとんどありませんが、小習十六ヶ条第一ヶ条として学びます。

京都では秀吉にゆかりのあるお寺で、天目台に載せられた形で呈茶をしているところがありました。
2015京都にて

天目台に載せられた茶碗を天目茶碗と言います。
巷では今、お宝鑑定団に出た天目茶碗に2,500万の値が付き、世界に現存する4つ目として注目をあびました。
その後、世にいう、黒釉の表面に大小の斑紋が現れ、虹のようにきらめく、天目茶碗の中でも最上級の耀変天目ではないのではないかと、研究者から物言いが付きました。

大佛次郎氏から譲り受けたMIHO MUSEUMにも国宝に指定されたという天目茶碗があるそうですが、こちらは、光彩が弱いので油滴天目ではないかと言われているようです。
茶碗の中の宇宙 天目茶碗

15世紀頃のものです。
雑器が高値で取引されたおかしな時代でもあります。
鑑定、真偽難しいものなのでしょう。
詳しくはこちら

さて、今日の茶花は、水仙でした。
凛とした佇まい。
和の花は、武士が刀を置いて入った茶室に雅やかだったのでしょうね。
先生がおっしゃいます。
「日本水仙がいいのよね」「香りもいいし」と。

以下、炉・薄茶・貴人点の備忘録です。
お菓子は高杯に干菓子を盛り、左手を足の真ん中、右手は皿に添えお席入りと同時に持ち出します。

点前
1、茶碗を載せた貴人台を建付けに置き、襖を開け、両手を揃えて一礼する。(真)
2、右手左手と貴人台をの縁に手をかけて取り上げてから、右手の手をホウズキと茶碗に添えて持って運び、棚の正面に坐る。
3、右手を台縁右方に持ち替えて、左手を少し手前にひかえて、勝手付左方に両手で仮置きする。
4、次に天板の棗を右手で下ろし、棚前正面、右寄りに置く。
5、仮置きの貴人台を右手横、左手前と取り上げ、左手横、右手前と持ち替えて、棗と置き合わせる。
6、左膝から立ち上がり、水屋にさがる。
7、建水を左手に持って席入りし、襖を閉め、炉の左隅を中心として斜めに坐り、手なりに建水を置く。
8、左手で柄杓をとり、切り止めに右手を添え、鏡柄杓、右手で建水の中の蓋置を取り、柄杓の内側を通り、畳の縁より3目ずつのところに置く。
9、柄杓を蓋置きに斜めに引く。
○ 半東は、このあたりで茶道口を開け、一礼してにじり入って、踏込畳に斜めに座って両手をついて控える。
10、左手で建水を炉縁の線上まであげて、居ずまいを正し、
11、貴人台を右手前、左手横と持って取り上げ、右手を横にして膝前少し向こうに移動させる。
12、棗を半月に取り、茶碗と膝の間に置く。
13、左手で腰の帛紗を取り、さばく。そのまま帛紗を握り込み、左手で棗を取り、清める。
14、そのまま帛紗を握り込み、棗を左手で上から持って棚の手前右角に置く。
15、帛紗を捌き直して左手に持ち、右手で茶杓を取り、清め、棗の上に置く。
16、右手で茶筅を取り、棗の右側に置き合わせる。
17、帛紗を左手の人差し指と中指の間にはさんだまま、柄杓を右手で取りかまえ、右手で帛紗を取り、釜の蓋にのせ、開け、露をきる。
18、蓋を炉縁の角を避けながら、蓋置に置き、帛紗を左膝前に仮置きし、蓋の上に茶巾をのせる。
19、柄杓を持ち直し、湯を汲み、茶碗より合一つ分上に持ってきて、湯を茶碗に入れ、釜にあずける。
20、右手で茶筅を取り、左手を軽く茶碗に添えて茶碗を右手で一度打つ。
21、右手左手と両手で台縁を持って手前に寄せ、
22、左手を茶碗に添え、茶筅通しを二度上げ三度打ちして、穂先を清め、茶筅を元の位置に戻す。
23、茶碗を右手で取り、左手も添えて取り上げ、左手片手で建水に湯を捨てる。
24、茶巾を右手で取り、茶碗を大きく三回半拭き清める。
25、茶碗に茶巾を入れ、左手を添えたまま茶碗を台にのせ、茶巾を釜の蓋の上に置く。
26、右手で茶杓を取り、左手を畳に軽くおき、頭を下げ「お菓子をどうぞ」とすすめる。
27、棗を左手で上から取って、右手で右横を持つ。棗を手のひらにのせ、茶碗の左上で蓋を取り、右ひざ前に置く。
28、茶を二杓ほどすくい茶碗に入れ、茶杓を持ち替えて茶碗の縁で静かに打って茶を払う。
29、棗の蓋をし、右手で扱って左手で置き、茶杓を棗の上に戻す。
30、右手で水指の蓋の摘みを取り、左手で横に持ち替え二手で、水指の左側に置く。
31、柄杓を持ち、湯を汲み、茶碗に入れる。残りを釜に返し、静かに柄杓を釜にあずける。
32、その手で茶筅を取り、茶を点てる。茶筅は元の位置に戻す。
33、貴人台を右手左手と持ち、取り上げて客付に回り、台縁を右向こう左手前と上で回して定座に出す。左膝右膝と一膝退いて両手を畳につけ控える。
○ 半東は、このお茶を取りに出て、貴人にさしあげる。
(右向こう左手前と台を下で回して一膝退き一礼し、元の座に戻って控える)
●貴人の喫み方は法なしといいますが、お稽古の場合は、お茶が出されると、まず取り次がれた貴人台を両手に取り上げ、縁内次客の間に取り込み、、次客に「お先に」と次礼し、正面に置き、「お点前ちょうだいします」(真)と挨拶し、貴人台を右膝頭に置いて茶碗を取り上げ、左手にのせ感謝の気持ちでおしいただき、正面をさけ時計回りに回しいただく。
34、亭主はこれを受ける。(行のおじぎ)
35、客の一口で亭主は帛紗を左手で取り、打ちかえして腰につける。
36、貴人台が返ると、右左と一膝進んで貴人台を取り上げ、左手横縁に直して両手で持ち、居前に回り下に置く。
37、湯を汲み、茶碗に入れ、柄杓を戻す。
38、左手で茶碗を取り、湯を建水にあけ、正客から、ここで「おしまいください」の挨拶があればこれを受ける。
39、茶碗を右手で下に置き、あらためて「おしまいさせていただきます」と、しまいの挨拶をする。
40、右手で柄杓を取り、水指から水を汲み、茶碗に入れ、しまいの茶筅通しをする。
41、茶筅を茶碗の横に置き、
42、建水に水を捨て、右手で茶巾を取って、茶碗に入れる。
43、茶筅をとじ目を上にして茶碗に入れ、
44、右手で茶杓を取り、持ったまま左手で建水を下げる。
45、帛紗を捌き、 茶杓を清め、茶碗にふせて置く。
46、帛紗の茶粉を建水の上で払い、腰につける。
47、棗を右手で、棚の右寄りに置き合わせる。
48、貴人台を右左と両手で取り上げ、右手を少し控えて、棗の左側に置き合わす。
49、釜から柄杓をとり、水指から水を汲み、釜に水を一杓さす。
50、そのまま柄杓を釜に入れ、湯をたっぷり汲み、湯返しをする。
51、柄杓を構え、釜の蓋を閉め、柄杓を引く。
52、水指の蓋を左手に取り、右手に持ち替え二手で閉め、正客から「お棗、お茶杓拝見を」の拝見の挨拶があれば、受ける。
53、柄杓を右手で取り、天板に荘る。
54、蓋置きを右手で取り、左手にのせ、棚の正面に向く。
55、蓋置を右手に持ち替えて、天板に荘る。
56、貴人台を右横左手前で、勝手付に割りつける。
57、棗を取り、左手にのせ、客付きに回る。
58、棗を膝前に置き、帛紗を捌いて清める。
59、帛紗を握りこんで蓋を取り、蓋裏をしらべ、蓋を膝前に置き、棗の口を向こう、手前と帛紗で清める。
60、帛紗を握りこみ、蓋を閉め、帛紗を膝前に置き、棗の正面を正し右手で左側に出す。
61、帛紗は腰につけずに、そのまま右手で取って左手にのせたままで、
62、水指正面に回り、左掌の帛紗の上に茶杓をのせて、居前に回り、右手で棗の右に置く。
63、建水を持ち、左足を立て、立ち上がり、敷合わせで左足でこえてさがる。
○ 半東は建水を持って立った時、棗、茶杓を自分の前に出された順序に取り込み、正客に拝見に取り次ぎ、控えている。
64、右手左手と貴人台の縁に手をかけて取り上げて、右手の手をホウズキと茶碗に添えて持って、さがる。
65、水次を持って入り、棚前左に手なりに置く。
66、水指の蓋を右手で取り、左手で扱って、水指の左横に立てかける。
67、茶巾を水次の口にあて持ち上げ水指に水をつぐ。(更好棚の場合は棚から下ろして水をつぐ)
68、茶巾を水次の蓋上に戻し、水指の蓋を扱って閉める。
69、水次を正面から持って下がり、襖を閉め、拝見の返るのを水屋で待つ。
● 正客は棗、茶杓と縁内に取り込み、亭主が水屋に入ってから次礼して、棗、茶杓の順に縁内で拝見をし、終わると、帛紗を茶杓から離し、出された反対に返す。 
○ 半東は、拝見が終わると、これを亭主に戻す。 
70、亭主は拝見物を取りに定座に座り、正客からの拝見物の問いに答える。
71、まず、帛紗を腰につけ、右手で棗を取り、左手にのせ、右手で茶杓を持つ。
72、立ち上がり、拝見物を持ってさがり、茶道口に坐り、建付に拝見物を置き、一礼して襖を閉める。


2017年初稽古。
長緒、予習してきたつもりでしたけれど、先生、「新年、気を引き締めておやんなさい」とばかりに、ダメ出しを連発され、生徒の私はその度、あーですか?こーですか?と、予習の成果を発揮できた瞬間はありませんでした。

あぁ、でもこれで良いのです。
自己流で、間違ったお点前、美しくないお点前を習得したらば、それこそ軌道修正が大変なのです。
私は今、修正中、そして新たに挑戦中ですから…。

『稽古とは一より習ひ十を知り十よりかへるもとのその一』
利休百首のもっとも有名な句ですが、
意訳は、稽古というのは、初めて一を習う時と、十まで習い 元の一に戻って再び一を習う時とでは、人の心は全く変わっているものです。十まで習ったから、これでよいと思った人の進歩はそれで止まってしまい、その真意をつかむことはできないとの教えです。
は〜、永遠の戒めです。

お軸は「年々好日々好」
いい日があったり、わるい日があったり、日々はその繰り返しですが、一日一日を新たな気持ちで迎え、精一杯過せば毎年、毎日がかけがえのない素晴らしい日になるという
「ねんねんこう にちにちこう」
今年も『好日』を送れるプラス思考で頑張りましょう♪

シャープな姿、ロウバイと白玉椿。
先生の茶花は、どう鋏を入れたらこうなるのかと、感心いたします。素敵!

新春のお菓子は、うぐいす餅でしたが、先生が裏千家のお集まりでいただいたという末富さんのお干菓子(左)をご相伴させていただきました。
今日は先輩がなさった炭点前の香合、薄茶貴人点での棗が宝珠でしたが、
こちらもそれを意匠化ものでしょうか?

修行の最上級の忍辱(侮辱や苦しみに耐え忍び、心を動かさないこと)を終えると、
龍が持っている宝珠を手に入れることが出来るという説があるそうですが、
宝珠とは、災難を除き、濁水を清くするといわれ、思い通りになる珠で、
仏塔の相輪の上や仏堂の頂上、橋の欄干などの装飾にも使われていて、一般的に、下が球形で上が円錐形にとがった玉ねぎのような形をしています。
あの武道館の屋根も宝珠ですが、私には今日拝見したお道具の絵柄、富士山にも見えました。
お干菓子は富士山に見えます。

風炉 長緒


お食事後、二階へ上がります。
美味しいランチをいただき忘れてしまいそうでしたが、今日は初釜でした。
昨年は、こちらのお教室に通うようになってすぐの初釜でとても緊張した記憶がありますが、今年は懐石料理店のお茶室をお借りしての社中の初釜、赴きも異なりました。

2016年 初釜

待合らしい一角もありました。

二階のあちこちにも花。

そして寿の設い。

このようなあしらいもみられました。
新春をイメージした様子をみるのは、日本らしさでもあるのでいいですね。

二階も客室でしたが、一番奥のお部屋が茶室でした。

人数が多いこともあってか、横並びに座る形で、お点前を拝見いたしました。
正面に床の間、お軸は『鶴舞千年松』
続きは「亀遊万年池」
不老長寿を願う鶴と亀の縁起のいい詩だといいます。

茶花は、青竹に椿、サンシュ。

お正月ならではのお目出度い茶道具振振(ぶりぶり)香合。
江戸時代の男児の正月の祝儀用の玩具を模したものだそうですが、おめでたい絵が描かれています。

結び柳。
年の始めに無事一年が過ごせますようにの願いを込め『一陽来復』の意でもあるそうです。

お点前は、台子。
今回初釜を仕切る土曜日の生徒さんがされるというので、12月お稽古をさせていただきましたが、お道具もお借りできる鶯啼庵さんの会記によると、及台子といわれるものが使われていました。

島台茶碗でお濃茶をいただくのも初釜のみのお楽しみです。

上生菓子は鉢の木製花びら餅。
お干菓子も新年を迎えるに相応しいお品を薄茶を頂く前にたくさんいただきました。

台子点前 濃茶
台子点前 薄茶


冬至ですね。
今夜は柚子湯。
写真、お稽古に登場いたしました水菓子です。
にらみ菓子というそうです。
食べない菓子だから「にらみ菓子」
まったく洒落ています。

今年最後のお稽古は花月、且座(しゃざ)式をさせていただきました。

七事式(しちじしき)の一つで、
客三人と東(とう)(亭主)・半東(はんとう)(亭主の補佐役)の五人で催します。

正客(しょうきゃく)は香をたき、
次客は花を生け、
三客は、炭をつぎ、
東は濃茶、半東は薄茶を立てます。

順序は花を入れる→炭手前→香をたく→濃茶点前→薄茶点前という流れです。

誰がどの役をするかは、水屋で折据をひき決めます。
茶の湯の世界でおこなわれる主要種目を、ギュッとコンパクトに体験する式ですが、流れるように立ったり座ったり、動きをみながら行います。
勉強になりました。

私は前回、先生から後押しをしていただいて、皆さんに勝手を言って炭手前をさせていただきました。
東が準備してくれた炭をふくさを付け、釜敷を懐中して行いますが、本で予習していってもやってみると本当に違うもので、灰撒きは特によくわかりませんでした。

お軸は、
「壺中日月長(こちゅうじつげつながし)」

「壺中」は壺の中の別天地、仙境をいい、それが転じて悟りの妙境をあらわし、
「日月長」は悟りの世界には時間の流れが無くて悠々としていることをあらわしているそうです。

日々生きていると豊かさや本当の幸せを見失いがちですが、心の持ちようで快適になるということでしょうか?

白玉椿にロウバイ。
ロウバイは12月の花。でも本当に咲き始めるのは2月頃ですね。
先生はどこかで見つけていらっしゃいました。


逃げてばかりの炭手前。
ダメ元で挑戦しようと思いました。
本来なら一番最初に習わなければいけないお点前ですのに、習っておりませんでした。
ですから、お炭のこともよくわかりません。
マルギッチョとかテンズミとかどれがどれやもわかりません。
今の先生のところに入門してすぐに、皆さんが積極的にやられるので私もいつかと、羽箒だけは購入しておりました。
1年寝かせてしまいました。

でも、1度はさせていただいたかな?
しかーし、云われるままに手を動かしただけで、さっぱり身に付きませんでした。

意を決してお伺いのメールをすると、先輩がされると云います。
ならば弱輩がするわけにもいかず、濃茶点前をさせていただくようお願いしました。

先日と同じく台子でのお点前です。
来年の初釜が台子でのお点前だそうで、今年は久し振りの御目見えだったそうです。
初釜、来年は@八王子の茶室です。
楽しみ♪
しかーし、実際到着するまでは朝早いこともあってドタバタなわけです。
前回より余裕をもって、たっぷりと新春のお茶席、満喫したいです。

本日のお点前、台子、濃茶点前。
前回の薄茶と同様、台子正面に回ったり居前に戻ったりと忙しいです。
さらに濃茶の場合は釜の蓋を開けたり閉めたりしながら柄杓を杓立に戻したりします。
お道具は拝見の後、すべて持ち帰りますから、水を注いだ後は、綺麗にした建水に蓋置を入れて荘って水屋に戻ります。

茶花は白の侘助から生徒さんから持ち込まれた西王母に椿が変わりました。
あしらいは紅葉したユキヤナギ。
先生の花に対する目は、そんな小さな葉の黄葉さえも見逃さないようです。

お軸は前回と同じ『ホウゲジャク』です。


冬、3時半くらいになると暗くなってくるので、生徒の皆さんとお菓子と薄茶を水屋でいただきながらおしゃべりするのができなくなりました。
悲しいけれど、わんこのため、仕方ありません。

先生が次回、何を用意してくださるかも聞きそびれてしまったので、メールでお問い合わせをしました。
台子をするので、炭手前か薄茶点前はどうかと言ってくださいました。
台子そのものの扱いがわからないので、逃げてばかりなのですが、炭ではなくて、薄茶点前をさせていただくことにしました。

師走になり、ほうげじゃくのお軸のお言葉、
胸に一物、背中に荷物、そういうものを捨てなさいとの意味を持つ言葉は今の私に刺さります。
なかなか今の自分を変えられない…。
師走にはこういう言葉をいただき、新たな新年を迎えようということでしょうか?
はぁ〜、お言葉に反して忙しない気持ちで空回りしそうです。

茶花は椿。
先生が鋏を入れた枝葉、お見事です。

台子。
素敵なしつらいです。

まずは初炭手前を拝見し、香のいい香りの中、お点前をさせていただきました。
台子点前は、炉に向いたり台子に向いたり、所作の美しさも課題です。

私は他に、火箸の扱い、柄杓の扱い。
色々覚えることがあって大変ですが、とても利にかなった動きでお点前は進みます。

拝見物を出して道具を片付けて、お道具をとりに行く時は、きれいにした建水をまずは蓋置を入れて台子に荘ります。
その後、客付に回ってお道具の質問に答え、またまっすぐ台子に回って、手に持った茶杓を水指にあずけ、棗を天板に荘り、茶杓だけ持って帰ります。

室町時代に村田珠光が作り茶道のルーツがあるという台子のお点前、優雅な気分になりました。
ほうげじゃく


11月は茶人の正月で、数々の楽しいお点前があるんです。
先週は壺荘りをなさったそうなのですが、体調不良でお休みして見学出来ずで残念でした。
特殊なお点前は、1年に1度。
また、来年のお楽しみとなります。

今日は炉になって初めての花月。
先月、風炉でさせていただいた三友之式をまたさせていただくことができました。

しかも今日は私が月をひきまして、
皆様方にはたいへんご迷惑をおかけいたしましたが、

香の儀式をさせていただく貴重な経験ができました。

三友之式の後は、濃茶付花月を。
炉に変わると、また少し違ったところがでてきてとまどいます。

風炉 七事式 三友之式


11月になりました。
茶の湯は炉になります。
開炉は茶人のお正月といいまして、お稽古の茶室もなんだか空気感が異なります。

床の掛物は"和"という文字がかけられていました。円相と同様にお目出度い時に用いるそうです。

茶道は元々中国から入ってきた時には風炉で行うものだったところを、400年前の利休の時代に炉(囲炉裏)を使ったものを主流に変わりました。

そう言うことで、このときのお道具(焼物)は「三部(さんべ)」といって、織部、伊部(いんべ)、ふくべの和物を取り揃えるのがお約束事だといいます。

またお菓子は"亥の子餅"をいただきます。
先生はご用意してくださっていました。
鉢の木製は栗を瓜坊の斑点に見立てたこぶりな牛皮の亥の子餅でした。
美味しかったです。

季節を愛でる 炉開きの記事
炉開きのお約束の記事

茶花は椿とリョウブ。
椿はこれから色々な顔をみせてくれます。
リョウブは黄色く色づいて、晩秋の気配が感じられました。

炉を開くと5月に摘んでおいた新茶を茶壺から取り出すセレモニーが茶事ではあるそうです。

これを『茶壺の口切り』と拝見をして、炭点前が行われ、菓子として粟ぜんざい、栗、柿の三種が出るそうです。
主菓子の原型とも云われ、普段お菓子は黒文字で食べますが、それだけではぜんざいは食べられないので杉箸が一本添えられるそうです。

茶壺といえば、
「茶壺に追われてどっぴんしゃん、抜けたらどんどこしょ」ですよね。
あれは江戸時代の茶壺道中(京から幕府に献上される茶壺が通る道中)のことを歌ったもので、「茶壺がきたらどっぴんしゃんと扉を閉じなさい、通り抜けたらドンドコショと騒ぎなさい」と子供に教える内容で、大イベントであったことがこの歌が教えてくれています。

今年も先生はお稽古の日、ぜんざいを用意してくださっていました。
私は、炉の初回ですので細かい直しのお言葉をいただきながら運び点前をさせていただきました。

炉開きの準備
お茶壺道中のお祭り


10月はこんなに天候が不順だったかと思います。

お軸に書かれているのは「和気兆豊年(わき ほうねんの きざし)」
穀物などの農作物が豊作になることを幅広く指す五穀豊穣の兆しに秋の気配を感じます。

 

夏のように暑かったり、冬のように寒かったり、しかし季節は移ろいで、あとわずかで茶室は炉となり赴きが異なります。

夏の間暑さ対策のために電気だった風炉に今日は炭が入りました。

炭で沸かす湯は柔らかく、立つ湯気は釜から注ぐ湯から、茶を点てる茶碗から上がります。

その日々味わうことのできない時間が茶室から漂います

茶花は、
秋海棠(シュウカイドウ)
高砂芙蓉(タカサゴフヨウ)
秋桜(コスモス)、残花の中に秋ふたつ。

野牡丹、酔芙蓉、花水木も荘られました。

10月は中置をさせていただいた時に長緒のお点前を始めていたしました。

復習をすると結びや扱いが随分あやふやでややこしいのでもう一度お稽古をお願いしました。

また、今日も大板での扱いがありましたので、それも確認のため、

以下備忘録です。

 

● 茶入れには客の人数分の茶を入れ、仕覆に入れ緒を結んでおく。

(一人、三杓、3.75g)

《仕覆の緒の結び方》
A. ひと結びする。
B. 左の緒を半分に折る。
C. 右の緒の端を小指に掛けたまま、左の緒の上を通って奥から手前に通す。
D. 形を整え、小指に掛けていた端を右に出た緒の上に重ねる。
E. 結んだ緒を斜めに立てる。

●水指を大板左横に自分に向けて荘る。(蓋のつまみは斜めになる)

●茶入を大板右、常の水指の置かれる前の位置に荘る。

 

●  菓子器は座入りしたら、正客の前に出し、「お菓子をどうぞお取り回しください」と言って襖を閉める。

 

点前

1、茶道口に茶碗を膝前に置いて坐り、襖を開け茶碗を右手で取り、左手にのせ、茶碗を右手で横を持ち、左膝から立ちあがり定座に坐り、茶碗を右手で右横を、左手で左手前の二手で勝手口に仮置きし、

2、右手で茶入を持ち、少し右寄りに置き、左手で茶碗左手前、右手で真横、左手で左横の三手で、茶入と置き合わせる。

3、水屋にさがり、建水を持ち出し、茶道口を閉め、定座に坐る。

4、左手で柄杓を取り、右手でかまえ(鏡柄杓)蓋置を右手で取り、大板の左角に置き、柄杓を横引き、主客総礼をする。

5、建水を縁内に左手で進め、居ずまいを正す。

6、右手で茶碗の右手前を取り、左手で左横、右手で右横の三手で、膝前少し向こうに置く。

7、茶入れを右手で取り、茶碗と膝の中間に置く。

8、仕覆の緒をとき

《仕覆の脱がせ方》
a. 最後に重ねた端を持って引く。
b. 端を握って緒を口の中央に載せる。
c. 半月に持って90度左に回す。
d. 中央の緒を下ろし、打留を少し出し口を広げる。
e. 半月に持って左掌に載せ、緒の端を下から小指と薬指で挟む。
f. 仕覆の口を右・左と広げる。
g. 茶入を取り出す。
h. 仕覆を横にして口の右端を左手で持ち、緒をしごく。
i. 右手で緒の口寄りを持ち、口のところで2つ輪を作る。
j. 輪に緒の端を通し、輪を右に90度捻ってから口の中へ入れ隠す。
k. 打留と同じくらい緒の端を出し、牛の角のようにする。
l. 打ち返して、敷板の向こういっぱい、水指との間に置く。

9、腰の帛紗を取り草の四方捌きをし、

《茶入の扱い方》

  蓋を清める時:帛紗を握り込んだまま親指と人差指で胴を持ち、左掌に置き、帛紗を持ち替えて二引きし拭き清める。
  胴を清める時:帛紗を握り込んだまま親指と人差指で胴を持ち、左手で胴を囲み帛紗を胴に当てて拭き清める。
10、茶入を置くとき:帛紗を握り込んだまま親指と人差指で胴を持ち、左手で半月に持って置く。

11、帛紗を捌き直し、茶杓を取り、三回拭き、茶入の蓋の摘みの左側(火付側)、に置き、

12、茶筅を取り出し、茶入の右に置き合わせ、

13、水指の蓋が塗蓋の場合、左手の帛紗を右手に持ち、折り返し水指の蓋を「二」の字に清め、帛紗を左手にもたせ、茶碗を手前に引く。(共蓋の場合は、茶碗を引いてから茶巾をのせるだけで蓋を清める必要はない)

14、茶巾を右手で取り、水指蓋上に置き、

15、帛紗を左手の人差指と中指にはさみ、柄杓を取ってかまえ、右手に帛紗を持ち替えて釜の蓋を取り、帛紗を建水の後に仮置きし、

16、柄杓を扱って、湯を汲み、茶碗に入れ、柄杓を釜にあずけ、置き柄杓をする。

17、茶筅を右手で取り、茶筅通しをし、湯を建水に捨て、右手で水指上の茶巾を取り、茶碗を左膝頭で拭き、茶碗を膝前に置き、茶巾を釜の蓋上に置く。

18、茶杓を右手で取り、親指と人差指で胴を持ち左掌に置き、茶杓を握り込んで茶碗の左横で蓋を取り、茶碗の右横に置き、茶を三杓すくい入れ、茶杓を茶碗の右肩にあずけ、右手を茶入に添え、少し斜めにし時計逆回りに回して、中の茶を全てあけ切る。

19、茶入の口を右手の親指と人差指で向こう手前と拭き、指を懐紙で清め、茶入の蓋をして、左手で茶入を元の位置に戻し、茶杓で椀中の茶をさばき、茶碗の縁で茶杓を軽く打ち、茶を払い、茶入の蓋の上に置く。

20、右手で水指の蓋を取り、右左の二手に扱って、水指の左横に摘みが右横になるように置く。

21、柄杓を右手で上から取って、左手で扱って(取り柄杓)水を汲み、釜にさし(風炉の濃茶点前に限り、さきに水をさし湯加減をみる)湯を汲み、茶碗に入れ、残った湯は釜に戻す。(切り柄杓)

22、茶筅を取り、左手を茶碗に添え、茶と湯をよく練り合わせ、茶筅を茶碗の左縁にあずけ、さらに柄杓を取り、もう一度湯を汲む。

23、左手で茶筅を少し持ち上げ、その穂先から湯を茶碗にそそぎ、残った湯は再び釜に戻し、置き柄杓をする。

24、茶筅を取り、よく練り合わせ、

25、茶筅を茶入の横に置き、茶碗を右手で取り、左手にのせ、正面を正し定座に出す。
(楽茶碗以外のものを使った時は、茶碗を出し、懐中の古帛紗を右手で取り出し、左掌にのせ右手で扱って茶碗の下座に出す。)

● 正客は茶碗が出されると取りに出て座に戻り、茶碗を右手で左膝横に置き、連客は総礼をする。正客は感謝して、いつものようにして、一口いただく。
● 正客は茶碗、古帛紗と出されたとおりに引き、座に戻り、古帛紗を先に縁内右膝横に置いて総礼する。
● 正客は、古帛紗を左掌に拡げ、茶碗をその上にのせて喫む。
● 次客以下も正客と同様にしていただく。

26、正客が一口喫むと、亭主は服加減をたずねる。(「お服加減はいかがですか?」)

27、亭主は服加減を問うと、客付きに回り、

● 正客は右手をついてこれを受けその後二口半喫む。
● その間、次客は「お先に」と挨拶する。
● 正客は喫み切ると、茶碗を下に置き、茶巾を取り出し、喫み口を清める。
● 正面を正し、次客に手渡ししておくり、たがいに正面を向いて送り礼、受礼をする。
● 正客は次客の一口で、茶銘、詰、菓子などをたずねる。

28、亭主はこれに答え、「千代の昔でございます」「一保堂でございます」
「鉢の木の栗蒸しでございます」などと答える。

29、亭主は末客の喫み切りで、居前に戻り、取り柄杓をし、水を釜に一杓さし、引き柄杓をする。

30、建水うしろの帛紗を腰につけ、茶碗が客より返るのを待つ。

● 正客は、末客より茶を喫み茶碗を下に置いた時、「お茶碗の拝見を」と請う。
● 末客はこれを受け、喫口を清めてから正客の前に持って出る。
● 正客は、次礼をして茶碗の拝見をする。
  末客が拝見を終わると、正客との出会いで、正客に返し、正客は正面を正し、出された位置に返す。

■ 楽茶碗以外のものを使った時、末客は喫みきると、茶碗を膝前に置き、古帛紗をたたんで、縁内左に置き、正客からの拝見を受ける。

《拝見の仕方》
茶碗、古帛紗の順に拝見をし、正客と末客の出会いで正客に返し、正客は茶碗を出された位置に返し、古帛紗を扱って、正客から見て茶碗の左に返す。

31、亭主は、茶碗を右手でとり、左手で扱って右手で膝前に置き、主客総礼をする。
(この時、茶碗の問いがあれば、これに答える)

■ 亭主は楽茶碗以外のものを使った時、茶碗が帰ると、まず古帛紗を右手で取り、一手で懐中し、茶碗を右手で取り込んで主客総礼をする。

32、柄杓を下からとって湯を汲み、茶碗に入れ、置き柄杓をする。

33、すすいで建水に捨て、茶碗を右手で膝前に置き、仕舞いの挨拶をする。「お仕舞いいたします」

34、取り柄杓で水を汲み茶碗に入れ、引き柄杓をし、しまいの茶筅通しをし、茶筅を元の位置に置き、水を建水に捨て、茶巾を右手で取り、茶碗に入れ、膝前に置き、茶筅を入れる。

35、茶杓を右手で取り、建水を左手で引き、左手で帛紗を取り、茶杓を握り込んで帛紗を捌く。

36、茶杓を二度拭いて、茶碗にふせて置き、

37、茶碗を右手で右横を持ち少し左に寄せ、茶入も右手で、茶碗と置き合わせ(中仕舞い)

38、帛紗を建水の上で払い、腰につける。

39、柄杓を扱って、水を一杓釜へさし、柄杓をかまえ、釜の蓋を右手で閉め、柄杓を蓋置の上に引く。

40、水指の蓋を左右の二手で閉める。
■ この時、正客より「茶入、茶杓、仕覆、拝見」があればこれを受け

41、柄杓を右手で取り、左手に持ち替えて、建水にたたみ、右手で蓋置きを取り、左手に持たせ、建水のうしろに置く。

(薄茶の場合、拝見の所望の後、柄杓は畳まず大板に荘る)

42、右手で茶碗を取り、一手で勝手付きに置く。

43、茶入を右手で取り、左掌にのせ客付きに回り(炉縁の中心)茶入れを膝前に置き、帛紗を捌いて、茶入れを取り、蓋を向こう手前と拭き、帛紗を茶入の胴で拡げ、胴拭きをし拭き抜き、帛紗を膝前に置く。

《茶入の扱い方》

蓋を清める時:帛紗を握り込んだまま親指と人差指で胴を持ち、左掌に置き、帛紗を持ち替えて拭き清める。
口を拭く時と拝見に出す時も左掌に置く。
胴を清める時:帛紗を握り込んだまま親指と人差指で胴を持ち、左手で胴を囲み帛紗を胴に当てて拭き清める。
茶入を置くとき:帛紗を握り込んだまま親指と人差指で胴を持ち、左手で半月に持って置く。茶入を取り、蓋を向こう手前と二引きに拭き、帛紗を茶入の胴にあて、左手で左回しに回し、拭きぬく。

44、蓋を取り、蓋裏を調べ、蓋を帛紗の向こうに置き、帛紗を取り胴で扱い、茶入の口を向こう手前と拭く。

45、帛紗を膝前に置き、その手で茶入れの蓋を取り閉める。

46、左掌にのせ正面を正し、右手で定座に出す。

47、帛紗を腰につけ、居前に戻り、茶杓を右手で取り、左手に渡し、客付きに回り、茶入れの右に置く。

48、ふたたび居前に戻り、仕覆を右手で取り、左手で扱い、左掌にのせ、客付きに回り、茶杓の右のほうへ置き合わせる。

49、居前に戻り、蓋置を右手に持たせ、大板左奥に荘る。続いて柄杓をまっすぐ柄を板から少し出し荘る。

50、左手で建水を持って立ち、茶道口さがって坐り、建水を膝前中央に置き、襖を開け、水屋にさがる。

● 正客は、亭主が建水を持ってさがると、拝見物を引き、まず、茶入を右膝横に置き、茶杓をその右横に置き、仕覆を右手で打ちかえして、茶杓の右横に置いて、茶道口の閉まるのを待つ。

51、亭主はつぎに右手で茶碗を取り左掌にのせ、右手を添えて両手で持ちさがる。

52、つづいて水指を持ちさがり、茶道口に坐り、水指を膝前に置いて襖を閉める。

● 正客は亭主が水屋にさがると次礼をし、茶入、茶杓、仕覆の順に拝見をする。次客は三客に次礼して正客につづき拝見する。
  末客は、茶入、茶杓、仕覆の拝見がすむと、仕覆を右手で打ちかえし(親指を底にあてくるりと回す)、茶杓の左に置き、正客との出会いで返す。(緒の向きは必ず道具側に返す)
● 正客はいったんあらためて、茶入、茶杓、仕覆の順で出された反対に返す。

52、亭主は茶道口に坐り、襖を開け道具正面に進み、坐り、正客の問いに
「お茶入のお形は」 「大海でございます」
「お窯元は」 「瀬戸でございます」
「お茶杓のお作は」 「坐忘斎お家元でございます」
「ご銘は」 「照山でございます」
「お仕覆のお生地は」 「定家緞子でございます」

「お作は」「友湖でございます」などと答え、

53、一礼して、すぐに右手で仕覆を取り左掌にのせ、またすぐに右手で茶杓を取り、仕覆の上に斜めにのせ左親指でおさえ、茶入を右手で持って立ち、茶道口に持ち帰る。

54、坐って茶入を膝近くに置き、茶杓を茶入の左に置き、一礼をし、襖を閉める。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM