夫が一昨日、接待でした。
ご苦労様。

接待場所は新宿【お多幸】
大正時代からあるおでんやさんです。

若い頃、銀座8丁目店に、何度か連れて行ってもらったことがあります。
その思いがあったのでしょう。
「ごはん、食べた?」と、LINEをしてくれました。
たぶん、その時手には、お多幸の袋がぶら下がっていたのでしょう。

お土産、私も懐かしさに嬉しくなりました。
気取らない銀座の裏通りの味。
コンビニおでんも、なかなかイケますが、この老舗の味は格別です。

どっかのかりんとう、こんな缶に入っていたと思うのですが、
朱色のこの缶、お土産用、昭和な感じでいいですね。
お土産があること、このような缶に入れられること、全く知りませんでした。

それについての愉しい記事

関東だき、見るからにしょっぱそうな色をしています。
卵、しらたき、
おっと、大根はマストアイテムですね。

粉がらしを溶いて、つけて、いただきましょう。

お多幸


今朝はこのメニューをいただきに【サンマルクカフェ】に行きました。
なぜに朝食を外に食べに行ったのか…。
我が家の愛犬、杏が、検査のためごはん抜きという指示があったからです。
一頭だけの絶食は少しむずかしい…。
そして、私達が食べる姿を見せるのも可哀想。
そう考えた犬バカ夫婦、他のコ甘夏と小梅には杏を預けた後にごはんをあげることにして、外で朝食をすることにしたのです。

駅前には早朝7時から開店のカフェがマックをはじめあるのですが、朝パン派の私は、チョコクロ&焼き立てパンのイメージの強い【サンマルク】を提案しました。
ビンゴ!美味しいパンとコーヒーのモーニングがありました。
このメニューは、モーニング実施店のみだそうです。

そして、なんと!”エッグベネディクト”があるではないですか!

それほどのもんではないと写真撮らずにぱくりといただいちゃったものですから、画像、サンマルクさんのHPから頂戴しました。
一体化していますがベーコンの上の卵は半熟ですし、オランデーズソースもどきも悪くありません。
これらをくるんだパン生地も、エッグベネディクトの定義であるイングリッシュマフィンでした。

今まで、エッグベネディクトは、ホテルレストランなどでしかいただけなかったのに、ここまでおりてきたのですね。
このお値段でお気軽に食べれるなんて、なんて嬉しいことなんでしょう。

これだけでは足りない私は、サンドイッチとモーニングメニューにもあるフレンチトーストもいただきましたけど、
サンドイッチは、お店で作られているというのでフレッシュですし、
フレンチトーストは、ジューシーさはないにしても、かりっとして美味しかったです。

目からうろこの朝カフェ体験でした。

サンマルク モーニング


昨日、京急沿線、グルメ旅、みたいな番組をチラ見していました。
その中の一つだった横須賀にあるパン屋さんの人気商品【ポテチパン】
どんなお味か知りたくて作ってみました。

本当はドッグパンで作るものですが、超熟8枚切りがあったので、トーストしてそれで作りました。

まずキャベツを細かく刻んで、塩こしょうして混ぜます。

そこへポテトチップス投入。

使ったのはコチラ。
夫が観ていて、うす塩味だったと言いました。
他にしたなら、それはまたいいかもとも思いますが、まずはオリジナルに近い味から。

パン屋さん、近くのポテトチップス工場で出る割れポテチを利用しようと思いついたのだそうです。

潰してマヨネーズを入れて混ぜてパンに挟んで出来上がり。

ポテトサラダのサクサクした感じと言った人がいたけれど、私にはやはりポテチ味でした。
アメリカーンなクッキングにサラダのトッピングでポテチ使ったのがありますけど、
アレ、ですね。

う〜ん、これは、買い食いの味です。


八幡山オオゼキで出会ったお野菜。
初めてお目にかかりましたが、美味しかったので調べてみました。

コリコリした食感と程よい辛味の「博多蕾菜」は、アブラナ科の野菜で、福岡県久留米市の株式会社福岡園芸が中国からいち早く導入し、選抜を繰り返し、品種登録出願した大型からし菜の一種です。
1株は4〜5キログラムにもなる大きな野菜ですが、集合したわき芽の部分を収穫することを特徴とします。
とのこと。
直径5cmほど。

揚げ物、サラダ、炒め物とご案内がありましたが、四割りにし、胡麻油で焼き、塩麹で味付けしてみました。

博多蕾菜


親友が教えてくれました。
ジョセフィーヌに続く話題のドレッシングで、手に入らないシロモノだとのことです。

新宿で仕事の彼女から、伊勢丹に寄ったら完売で、立川までも遠征したのにやはり完売だったとLINEもらいました。

ネット通販のみの商品かと思ったらそうではなかったんだぁ〜と、その時感じ、忘れていました。

三が日、新宿伊勢丹をぶらり。
何か面白いものはないかと、地下食歩き中、諸国の調味料が色々あるコーナーを見ていて、ふと振り向くと冷蔵のものが置かれている場所がありました。

あら?
と、思ったら、噂のドレッシングでした。
あと、3本。
そのうちの1本、いただきました。

目指して行ったのに手に入らなかったような品が偶然に入手出来ました。
すぐさま、親友に詫びを入れました。

まずはベビーリーフのサラダを頂いてみました。

それほど葱が主張していませんし、葱臭さもありません。
ドレッシングというより、野菜のエキスのような印象です。
なめてみました。
緑色の印象では青ネギかとばかり思っていましたが、玉ねぎもだいぶ使われているようです。


これは、あさくら農園のサイトのご紹介にもあるように、
シーフードなんかのソースとしていただくのがいいんでないか?と、感じました。

ブレイクした理由は知りませんが、米麹使用です。


おせち料理は、経堂和孝さんにお願いしましたが、毎年のことなのでやはりこれだけは作ります。黒豆、金柑はだぶってしまいますが、母が好きなので、よしとします。

伊達巻、黒豆、金柑の甘露煮は、以前記事にしていました。来年の自分のためにリンク張ります。

写真の栗きんとんは和孝さん製。甘さ控えめいいお味でした。
伊達巻、今回は、練り物屋さんのはんぺんが手に入り、キメの細かい仕上がりになりました。

黒豆は、出勤する前の2時間、火にかけていたのですが、水足しが早め早めだったのか?普段は5〜6時間煮ても歯ごたえのある仕上がりになるのに、柔らかくなりすぎました。
2013年おせち&伊達巻
2012年 おせち&金柑の甘露煮
2010年 おせち
2009年伊達巻
2009年 おせち
黒豆

お煮しめ、八幡巻きなど、和孝さん製。
お煮しめは去年のほうが美味しかったかな。
里芋、八つ頭、くわいはいいお味でした。

数の子はアメリカ産、北海道産は柔らかくて、うち好みではありません。
アメリカ産はパリパリプチプチ感があります。米のとぎ汁で二日間の塩抜きでOKでした。

和孝さん、茹で豚?タレつき。

小魚を巻いたなます。
蓮根と人参を巻いた丁寧なお仕立てです。

鰤が冷たくても美味しいお味つけです。

今年は、お重が小さくなったので足りるのかと?心配でしたが、
いい感じで箸が進み、ちょうどいい量でした。


昨年、余りの美味しさにおせち引退宣言をして、年末予約をしていました
我が街経堂、スズラン通り奥にあるお惣菜屋さん“和孝“のおせちです。

今年は、冷蔵庫に入らないというお客さまに応えて、お重が30cmから27cmになりました。

栗きんとんはそういう事情もあり別パックとなっておりました。

いただいた粗品。
刺し子のおふきん。
調理最中のお手拭きに重宝していました。
昨年は意識していませんでしたが、もしかすると手作りかもしれません。
予約台帳も和とじの和紙の帳面でしたし、
家族経営の街のお惣菜屋さんは仮の姿で、
和の達人かもしません。

2014年 和孝さんのおせち


目白の学習院前にできた複合施設【TRAD】
こちらのクイーンズシェフが初めて出店したというベーカリーカフェのパンは、私的に残念な気持ちで終わったので、記事にすることはやめました。

パンを購入したその日、地下にあるクイーンズシェフを探険♪
伊勢丹系列のスーパー、格付け位置はやはり高級と言えるのでしょうか?
生鮮食品、美しい陳列で、力の入れ具合を感じました。

広くはないのですが、惣菜が豊富です。
あれこれ見て回って、定番化したココナッツオイルがこちらにあることを確認した後
また惣菜売場に行きました。
おかずの参考にと棚を覗いていると、サラダのコーナーに写真の品を見つけました。

中には半熟茹で玉子が2個。
それとマヨネーズが入っています。

このところ、朝食のパンが我が家のエンゲル係数を上げているとのご指摘をいただきましたので、
ベーカリーマシンで焼いた白ごまパンがありました。
載せていただきました。
「ウマイ♪」
これはアリです。

タマゴサンド好きの私には、コレ、リピート度高いです。

写真のために袋を開けてしまいましたが、丈夫にできている袋を開けずに好みのサイズに手でぐにぐにして潰していくことが可能です。

茹で玉子、殻剥きが面倒ですから、200円ほどのお値段もお高くないように感じます。

しかし、色々便利になりますね。
そうそう、このサラダ、袋から出しやすいところも利点でした。


今朝は夫が買ってきてくれたベルギーワッフルいただきました。
ワッフル、久し振りにいただきましたが、
たまに、いいですね。

こちら【ミスターワッフル】さん。
新宿南口にあって、いつも行列しています。

ワッフルの命、カリッと感が、ご案内通りトースターで1,5分〜2分温めた後、2分ほど置くと戻るんですが、
こちらのは、一口目、粉の美味しさがふわっと口に広がります。
これが、添加物なしで作られた本来の味を感じる美味しさの目安のような気がします。

種類はいくつもあるのですが、それぞれに食感と味が異なる点も気に入っています。

アーモンド。

シナモン。

焼きりんご。

ほかにプレーンもいただきましたけど、1人4枚はちょっとボリューミーでした。
フルーツやシロップ、クリームなしでいただくワッフル、これ、ありです。

【ミスターワッフル】のこだわり


友だちが、ハチミツ嫌いだけど、コレはウマイと教えてくれました。
翌朝、近くのミニスーパーに行ったらあったので早速試食♪

濃厚でした。
ヨーグルトというよりはクリームチーズ。

こんな形態で、

ハチミツはこんな。
アルゼンチン産だそうです。

濃密ギリシャヨーグルトパルテノ

【パルテノ】Facebook


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM