雪は溶けだすと厄介なんですね。
足元が結構羽上がります。
お茶のお稽古は着物でと決めていますから、今日は大島に紬の帯を締めて、下駄で行くことにしました。
下駄はなかなか歩くのがむずかしいんですが、履きこなせたらいいなと思います。

今日は二人でのお稽古でした。
私は、小習の包み帛紗をさせていただきましたが、お茶名のあるYさんは四ヶ伝の茶通箱のお点前をされました。
Yさん、これを年明けにされることを目標にしていたらしく、今日は人数が少ないこともあって念願叶ったということでした。
上級者のお点前で、ブラジル(ご主人のお仕事の関係)で習得された時はお茶室を閉めきって、門外不出の状態で教えていただいたと言います。
それを拝見し、お客様までさせていただけるなんて、有難いことです。

お点前はこちらを参考に

包み帛紗は、濃茶器として棗を仕覆の代わりに使用します。

包み方は、棗を帛紗の中央に乗せ(わさが左下、帛紗の折る順番は下、上、右、左の順番にかぶせて、左上、次右上で結びます。
教本にはそう書いてありませんが、小棗でも結び目を作るのは大変です。

ぬがすときは、ひざ前で、棗の帛紗を一つ結び目をといて左掌にのせ、右手で端を引き出すようにとき、向こう、手前とはね、棗を持つと同じに四角に帛紗を折ります。(左人差し指を、帛紗の裏の線にあわせ、手前におりながら、手首を下に向け、帛紗を四つ折りにする。その時、親指は、帛紗の上。人差し指のみが、帛紗の間に入り、あとの指は、帛紗の外になります)
これが一番難しい!手品のようです。

更好棚を使用したのですが、薄茶器は四滴の手瓶を使用し真ん中に置かれました。(棗を濃茶器としてすでに使用しているので、薄器は棗以外が良いということです)

棗は通常に拭いて、茶を三杓入れる際の蓋も右膝前に置きます。
掻き出しするようにとありますが、回し出しで出し切れればそれでよろしいとのこととです。
指先で、かきだしたところをつの字でふきます。

拝見は、棗でも濃茶扱いなので、帛紗を下に置いてから、棗の蓋をとります。(帛紗をにぎりこんで、蓋を開けません)

拝見物を取りに出て、まず茶杓をとり、左手に渡し、それから棗を持ち帰ります。
(これも濃茶器としての拝見だからということです)

先生は、茶室が暖かくて椿が開き過ぎだと仰いましたが、いい姿です。

お軸は『竹有上下節』
たけにじょうげのふしあり

「松無古今色  竹有上下節」
松も竹も縁起のよい植物の代表である。これに梅を加える松竹梅は昔より「歳寒の三友」としてめでたさの象徴とされてきた。その松と竹のありようを有と無、古今と上下の対比をもって、仏教の妙理を示したことばである。

対句となっているが、茶掛けなどそれぞれに独立した禅語として用いられることが多い。
しかし、何れの句を用いるにしても、その対比するもう一句があることを含んでその句を味わってほしい。

「松樹千年翠」という語もあるように、松は古葉、若葉の交替はあっても、季節の移りの中でもその翠を保ち、古松に見る年月を経ても翠は変ることの無い一色平等を「松に古今の色無し」の語で示し、「竹に上下の節あり」の語で上下の差別歴然たる相を示している。竹にははっきりとした上下の節があり、上下の区別がつけられる。松には千年にわたる翠の平等がありながら、その中には古今の差別が歴然としてあるし、竹の節には歴然とした節という上下の区別をみるが、同じ一本の竹には上下の優劣は無く平等である。

ということだそうです。

人間には得手とすること不得意とすることがありますよ、とか、平等ですよ。ってなことでしょうか?
竹や松はたくさんの意味が含まれていますし、一月に相応しいお軸なのだと思います。


まぁーよく降りましたね。
東京の雪は排気ガスで汚くなるので、好きじゃないと公言していますが、昨夕お散歩の時の雪化粧。それを撮らずで後悔しましたが、幻想的でほーんとに綺麗でした。
雪は回りの音も吸収しちゃいますし、降っている時の空気感が特別な感じですね。

我が家では一番の雪好き。
昨日、今日と飼い主は大変な思いなのですが、お構い無しで楽しそうにしています。

雪歴2年目、去年はおこちゃま過ぎて記憶になかったでしょうが、今年はラッセル車のようになっていました。

あっという間にこの木の雪はなくなってしまいますが、こういう景色が美しいです。

こんな雪だるまに遭遇しました。
めったに降らない雪に東京人は、はしゃぐんでしょうね。
今朝5時半の散歩でたくさんの雪だるま、かまくらに遭遇しました。
中でも、きっと飲食店の方が作ったであろう鼻がフランスパン、目は海苔、くわえたばこの雪だるまはNiceでしたよ。

近くの公園。

甘夏さんも頑張りました。


出だしが遅かったので、野川公園の近くで食事しようということになりました。
ファミレスで悲しい思いをしたくないので、記憶を呼び起こして、以前何回か行ったホーマーへ。

とにかくレトロな昭和の佇まいなんですが、地域の方々に人気らしく、お昼時、とても混んでいました。

こちらは私が頼んだランチのお魚。

主人が頼んだお肉料理。
以前と同じヒレカツだったかと思います。

サラダがね。この色とりどりが目にも胃袋にも嬉しいんです。
スープもすりながしみたいで、濃厚。
スープストック東京ならこれだけで勝負しそうです。

今日はミートソースも欲張りさんが注文しました。
これが見た目に反したしっかりとしたお味、ソースの素になるものがきっとしっかりと作られているのだと思います。

また好きになりました。
洋食、これも日本人のソウルフードですからね。
こーいう頑張ってるお店、大好きです!

ホーマーはじめてものがたり


今日は野川公園に車を停めて、お隣の武蔵野の森公園へ。

空が広くて気分がいいんでしょうね。

わんこ達にはわからないでしょうが、お隣は調布飛行場で頻繁に小型飛行機が離着陸します。

広大な敷地には運動公園もありますが、こういう景色も望めます。

我が家の散歩隊長も楽しそうでした。

武蔵野の森公園


冬の寒い中、ロウバイを見ると待ち遠しい春はもうすぐと感じます。

野川の土手も緑色になって来ました。

足元を見てください。
もぐらも活動しています。


薔薇酵母とこのカラフルな色合いに惹かれて初めて購入したパン屋さんは、
東急東横フードショーの【アールベイカー】

写真は、ハースアラカルト 349円(税込)
・ブルーベリーとクランベリー
・イチゴとホワイトショコラ
・黒ココアとキャラメルナッツ
・アールグレイホワイトショコラ
・かぼちゃオレンジレーズン
・抹茶大納言
・紫イモといちじくシさのパンがひときれずつ入った"ハースアラカルト"です。

手前が、塩バターロール
奥がクロワッサン。

実は新しく購入したトースターでクロワッサンを食べてみたくて購入したのですが、いわゆるトラディショナルなクロワッサンではなかったので、トースターか優秀かどうかの判断がつきませんでした。
塩バターロールは、真ん中にバターが入っているようで、外は硬めですが、中からジューとバターがしみてくるシロモノでした。

さて、薔薇の酵母ですが、
いわゆる天然酵母ということなんでしょうが、香りや薔薇酵母ならでは感は正直感じられずでした。


NEW家電購入が続きます。
今度は炊飯器です。
評判になってから気になっていた商品でしたが、わが家20年近く、伊賀焼きのかまどさんという土鍋でごはんを炊いていて、そこそこ美味しいのでトースター同様、こちらも贅沢品と思っておりました。

なんだか購入者の夫、眠っていた物欲に火がついてしまったようです。
午前便で届く手配をし、本日夫、帰宅が遅いのに「食べたいからよろしく」と勝手なことを言って出掛けて行きました。
と、いうことで、バルミューダで炊飯、その1は和食です。

しかし、到着した時に届いた段ボールのデカさにびっくりしました。
そしてとても重たい。
実際、どういう商品か私は全く知らなかったので、2つの箱がなぜあるのかもわかりませんでした。

こういうことでした。
一つはホーロー鍋、もう一つはそれに通電する機械?でした。
ホーロー鍋の他に付属していた陶製のものがなんなのか?全くわかりませんでしたが、ホーロー鍋の蓋置きでした。
また、とってもお洒落なレシピ本が入っていました。

白飯の他、玄米、おかゆ、また、煮込み料理が出来るようです。

お米が長くて立っています。
「わわ、これはサプライズでした!これは美味い!」ちょっぴり硬めの仕上がりなので、かみしめるごとに旨味が増す感じです。

土鍋でなれているとはいえ、重たくて扱いが大変ですし、浸水から炊飯は約一時間とご飯を仕込むタイミングも手間がかかりますが、

『世界一、美味しいご飯を炊く炊飯器を目指した』だけあると思いました♪

バーミュキュラ公式サイト


新しいトースターを買って、判断のしにくいクロワッサンをクロワッサンモードで食べてしまったので、再度お試してみたかったらしい夫が三茶でお気に入りの【レ・サンク・サンス】に寄ってパンを買ってきてくれました。
私たちふたり、パンそのものにちょっぴり飽きていたのですが、新しいトースターを買って、只今美味しさUPを追求中です。

"たっぷりチーズフランス"
これはフランスパンモードで焼きます。

スコーンはクロワッサンモードで。

ヴィノワーズレザン、

ヴィノワーズナチュールもクロワッサンモードで焼きます。

パン自体の質が良いのですが、トップの写真のクロワッサン、たいへん美味しくいただきました。

フランス人シェフこだわりのバニラエッセンス入りの生地に、発酵バターを折り込んだ風味豊かなクロワッサン。
レ・サンク・サンスNo.1だそうです

レ・サンク・サンス


あるお宅で
「試食させてもらったけど、外はサクッ、中はしっとりで美味しかったよ」と話すと、
翌日夫が買ってきました
【バルミューダトースター】

実は依然から気になっていた商品で、購入を決めかねていましたが、壊れていないのに買い換えるには及ばないと思っていました。

でもね。
トーストは本当にお得意みたいでスーパーで売っているパンでも美味しく仕上がります。

このちいちゃなカップにお水を入れて

ここに投入。

ダイヤルをトーストやクロワッサン、フランスパンに合わせて、時間のダイヤルを合わせます。
トースト以外は時間設定など好みに仕上げるのは模索中ですが、楽しんでまーす。


今日の床には扇面が荘られていました。

なにかあるなと思いまして、先生にお訊ねしますと、新年のお集まりで贈られたお品だそうです。

お家元の書で、
『相見呵呵笑』
(しょうけんして かかとわらう)
と金で描かれた犬の上方に書かれていました。

「呵呵大笑」という言葉があり、これは大口を開けて屈託なく豪快に笑う様子を指すそうです。

お軸の意味は、
お互いに顔を見合わせるや互いに相手の心と通じ合い呵々と大笑いすること。

前回は、「笑う門には福来たる」でしたが、同じようなニュアンスでしょうか?

シャープな竹の花入に水仙。
扇面と、絶妙なバランスですね。

今日私はなかなか習得できないでいる長緒のお点前をお稽古させていただきました。

写真は裏千家13代家元圓能斎好みの日の丸棗です。
小ぶりの球形に近い形をした棗です。

なんとも新年らしいお棗。
これに茶杓がきちんと乗るのですから素晴らしい!

小ぶりのものは、運ぶ時は手に受けて運び、平棗の持ち替えのように、他の手で上下に持ち、受けて持っていた手で半月に持ち替えて置きます。

二引きで清めます。

扱いとしては、球形に近く小ぶりですので、棗のように半月にして取りますが、平棗のように扱い、手に受けて清めます。
横から持たないのは、蓋と本体の分かれ目が中央である日の丸棗であるからだということです。

2017年1月 炉 長緒

2017年3月 炉 長緒(お点前)


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM