今朝の新聞に、渋谷西武の食品フロア「ザ・ガーデンプラス」が明日オープンという折込チラシが入っていました。
朝食を食べながら、何気なくながめていると、TOKYO人気スイーツがイベントスペースで紹介されるとのこと。
その一つが、渋谷地区で初登場というトレンドのスイーツ店、浜田山の〈パティスリー カテリーナ〉の【フレッシュロールケーキ】でした。

私、知りませんでした。
実は井の頭線沿線、よく知りません。
けれど、なにかシンクロするものがあったのか、今日、浜田山を訪れる用事がありました。

そこで、ちょっと歩いて探してみました。
すぐに見つかりました。
駅からすぐの西友の並びにドトールコーヒーがありますが、その目の前でした。

わざわざ足を運ぶ土地ではないと思うのですが、そのわざわざのお客様がたくさんみえていました。 それほど大きなお店ではないのに、ショーケースには2人のおねえさん。
奥では、キッチンエイドの業務用版のミキサーが、3台も稼動し、4〜5人が忙しそうにケーキを作っている様子でした。

営業は古く、1968年だそうです。
2000年から、現在のパテシェに変わり、スタイルも変わったようで、地域の人たちに愛される「浜田山の郷土菓子を」とつくられた「浜田山のリーフパイ」や、2007年に誕生した「浜シュー」が、人気だということです。

ロールケーキのサイズは、19,5cm.
他で買い求めるものよりかなり大きくて、太めです。
町のケーキ屋さんの大味を想像していました。
けれど、ケースに並ぶ洋菓子はどれも洗練されていてフォトジェニクで美味しそうでした。

ふわふわの生地で、口どけの優しい香りのいい生クリームのロールケーキでした。
〈シェ・かつの〉の、クリームに似ていました。
でもあちらは、こちらの半分くらいのサイズです。
かなりお得感も感じ、ニンマリでした。
〈ラ・フルッタ〉に並ぶ、丁寧な仕事でした。

ロールケーキ、さっぱりと、手提げ袋に入れてくださいます。
なんだかこれもエコで好感が持てました。
自宅でいただくならお箱、結構、もったいないです。
我が家、かつのさんの箱、売るほどあります。

通称「浜田山ロール」というらしいです。
一本、税込980円です。

他のケーキ、情報はこちらから。



甘夏のbirthdayケーキ以来の【ラ・テール】の訪問です。
こんな可愛い焼き菓子が登場していました。

シェフが長年あたためていたお菓子が形になったそうです。
岩手県、藤原養蜂場の「菩提樹の花」からとったハチミツと、同じく岩手県産の小麦粉「ネバリゴシ」を使ってしっとりと焼き上げた自信作だそうです。
クセのないハチミツは、たくさんの種類から、香りが焼いた後にもしっかり残るように選ばれたものだそうです。
確かに口の中でその香りがふわっと広がります。

【ラ・テール】のお菓子は、大地の菓子というくらい、素材にはこだわっています。
材料にはバターとあります。焼き菓子には発酵バターを使うことが多いのですが、この『ハニー・ベア』には蜂蜜の香りに邪魔しないように、あえて無塩のフレッシュバターを使っているそうです。
また油脂はバターだけでなく一番搾りの紅花油を使っているのにはしっとり感をプラスするためのこだわりだそうです。

構想5年。
金型は、試行錯誤を繰り返したオリジナルだそうです。
その型起こしからは1年の歳月がかかったそうです。

こだわりの可愛い焼き菓子は、贈答用のお箱もキュートです。
クマちゃんのかたちは、プレゼントにもらったお相手にも、笑顔が想像できます。
ということで、私はこちらを、贈りました。
≪ラ・テール セゾン≫ハニー・ベア9個入り



ラブラドールの甘夏、今日で2歳になりました。



生後40日で来たコは、みるみる大きくなりました。
昨日はちょっとしたアクシデント。
髪を染めてかかんでいた私に突進し、向かって右の目の辺り、染まって、パンチをくらったような変顔になってしまいました。
なかなかの美人さんに成長したのに、夫から罵倒されています。



その夫に昨日から明日は甘夏のbirthday!ケーキを買ってきてね。と連呼。
選んで買ってきてくれたバースデーケーキは三宿の【ラ・テール】のものでした。
素材にこだわっていて、大地のプリンが大人気になったパティスリーです。
駅からとっても離れているのに、お客様が途切れることがありません。
最近は付近に 【小田急OX】 というスーパーができたので、その相乗効果もあってか向かいのパン屋さんもいっそうの人気です。
夫はbirthdayプレートに”甘夏”というのが犬らしい名前で恥ずかしくて、”なっちゃん”でお願いしますと言ったらしいのですが、かなり愉快。
気持ちはわからないではありませんが、きっとそう感じたのは、彼だけです。
でも愛してるんです、この甘夏を…。



ケーキはフルーツは新鮮、クリームは本当の乳製品の風味を感じる味わいで、スポンジはあるかないかわからないほどしっとりしていてクリームと一体化していました。甘さ控えめ、美味でした。



世田谷線世田谷駅から徒歩3分のところにあるケーキショップ 【フラウラ】さん。
決していい立地条件といえない場所にあるお店なので、ご近所の方か、はたまた通りががりかでないと馴染みのない洋菓子屋さんかと思っていましたが、オープンからかれこれ6年ほどになるかしら?種類の豊富さと隣接のカフェスペース、人気のクープなどが惹きつけているのでしょうか、客足が途絶えることがありません。

私も通りががりにこのお店を見つけ、何度となくお邪魔している一人なんですが、久しぶりにだんな様が、こちらのケーキを手みやげにして帰宅しました。
彼が今日選んだのは、上の写真の彼が大好きな「シブースト」と、「プルミエール」(彼の記憶なので、確かではありません?)
そして、下の写真の、「シューアラクレーム」と、「プリン」です。



お店に行くと、明るい店内に20種類以上のケーキがならんでいて、どれもみな、ビジュアル的にも素敵なんですよね。
写真のようなダークな色合いのものだけでなく、お花畑のようにカラフルなものもたくさんあり、名前も素敵です。
にこやかに接客してくださる店員さんも好印象ですし、ちょっぴり見える中の厨房も店内同様、清潔感にあふれています。

ケーキのお味も素晴らしい。幾重にも工夫が施されている感じがします。
チョコレートや、木の実、洋酒、フルーツの使い方が実に巧みです。
「シブースト」は、洋酒が鼻に抜けて、胡桃の口当たりがアクセントになって、美味しさを引き立てています。
「プルミエール」、ホワイトチョコとミルクチョコのムースでしょうか?どちらもふわふわで、口に溶けていきます。
「シューアラクレーム」は、フランス菓子のこだわりでしょうか?、シュー皮は少し硬い食感です。そしてちりばめられたアーモンドのカリカリした香ばしく、身近なお菓子にも手を抜かないキチンとしたお仕事を感じます。

シェフパティシィエの桜井修一さんは、テレビにもよく出演される、ケーキ業界ではスター的存在なのだそうですね。
その人気はマディ時代からだったといいます。知りませんでした。

お店の名前の 【フラウラ】 とはギリシャ語で「いちご」のことだということですが、いちごのように親しみやすい洋菓子店をめざしているというお言葉通り、お客様で店内が込み合うと親しみ易い笑顔で桜井シェフが現れます。
お店のロゴマークを「七宝」をモチーフにするあたり、日本のよきものも意識なさってるモノへのこだわり、感じます。



経堂に今年登場したパティスリーです。
すずらん通り中ほどにあります。
女性が、2〜3人で丁寧なお菓子作りをしているようです。



とっても可愛らしいお店。
奥には、キッチンエイドが並んでいます。

以前できたばかりの頃に写真のロールケーキをいただきましたところ、とっても美味しかったので、いつかブログで紹介したいと思っていました。
今日、再度購入し、写真を撮りました。

ロールケーキは、数種類ありますが、これは、一番ベーシックなタイプのもの。
素材にもこだわっている様子で、手作りの真骨頂であるその素材のお味を確認できます。

我が家は、だんな様がロールケーキ好き。
以前暮らしていた家の近くにあった、代沢の 【シェ・カツノ】 のファンですが、こちらは、独特のふんわり感が特徴です。
2006年のおめざナンバー1に輝いてから、土日の早朝からの行列には、びっくりしますが、どこにもないお味で、大好きです。

こちら、経堂 【ラフルッタ】は、他に焼き菓子をネット販売しているようです。
シフォンケーキもお得意のようです。






Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM